プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店商品の一部支払い方法中止について思うことを書きたい

こんにちは、机上大使です。

 

私自身も大変お世話になっているプレミアムバンダイ。

「魂ウェブ商店」や「ボーイズトイ」といったブランドからここでしか得ない限定商品が売っていて、いつも楽しませてもらっております。

先日は「TMASHIINATION 2019」の開催記念商品も発表されて、気分も舞い上がっていました。

TAMASHIINATION 2019 開催決定!! 祭典に“ベストマッチ”な“お宝”が発売するよ!

2019年8月9日

しかし8月9日、プレミアムバンダイから悲報が届きました。

プレミアムバンダイ、魂ウェブ商店の商品における一部支払い方法が中止!!

プレミアムバンダイを利用している方にとっての突然すぎるお知らせに動揺を隠せません。

 

ここではどの支払方法が中止になったのか、それによってどのような弊害が起きるのか、どうしてそんなことになったのか等を書いていこうと思います。

中止になった支払い方法

8月9日にプレミアムバンダイのサイトの中に重要なお知らせと言うリンクがありました。

そのリンクを押すと…

出典元:重要なお知らせ|プレミアムバンダイ

このようなことが記載されたページが…。

プレミアムバンダイ…

8月23日以降の魂ウェブ商店商品における「代金引換」、「後払い」が中止となってしまいました

 

8月23日から魂ウェブ商店で販売される…

・S.H.Figuarts

・S.H.Figuarts(真骨彫製法)

・S.I.C

・METAL BUILD

・PROPLICA

等の商品を「代金引換」や「後払い」で購入することができなくなったのです。

今後は、クレジットカードや前払いなどの確実にお金が支払われる方式で購入することになります。

 

私自身も少し前までは代金引換や後払いをかなり利用していたので、このお知らせにはかなり驚かされました。

支払い方法中止における購入者への支障

突如発表された「代金引換」と「後払い」による支払いの中止。

しかしこれまでクレジットカードで決済していた人や、前払いで計画的に支払っていた方にはそれほど問題ではありません。

 

しかしこの支払い方法の中止によって、クレジットカードを持ってない人たちは痛手を負ってしまいます。

お知らせには「Amazon Pay」や「楽天pay」と言った支払い方法もありますが、これらもクレジットカードを必要とするサービスなので支払い方法の選択肢が制限されてしまいます。

 

「じゃあクレジットカード作ればいいじゃん」

と思われる方もいるでしょうが、人の価値観は千差万別です。

何があってもクレジットカードは作らないって決めてる人も結構いるのです。

私の友人やツイッターのフォロワーにも、目に見える現金払いを望んでいる方もいるんですよ。

 

まあ、クレジットカードを作らない思想の方ならまだいいのですが、それ以上に厄介なのが…

クレジットカードを作れない学生たちです

 

魂ウェブ商店で販売される商品は大体が対象年齢15歳以上なので、中学生や高校生だって購入する権利が当然あります。

しかし彼ら学生はクレジットカードを作るなんてことはできないので、どうしても現金による支払いが求められるのです。

そんな学生達にとっては特に「代金引換」といった支払い方法が頼りの綱なんですよ。

私も高校生の頃は、代金引換の手数料を犠牲にしてでも親にばれずにAmazonで商品を購入したものです。

 

それらの支払い方法ができなくなるのは、学生たちにとってかなり酷なのは目に見えてわかります。

保護者に頼んでクレジットカードで購入するという手立てもありますが、その行為に躊躇が出てしまう方も少なからずいるでしょう。

理解ある保護者ならいいのですが、先ほども言ったように人間は千差万別。

自分の趣味を理解してもらえず、こっそり趣味を楽しんでいる方もいるんですよ。

 

クレジットカードを持たない主義の人や学生達は、これからかなり肩身の狭い思いをするでしょう。

この一部支払い方法中止によって、プレミアムバンダイを卒業せざる負えない人も増えていくでしょうね。

「代金引換」「後払い」が中止になった原因

8月23日以降受注開始する商品の「代金引換」、「後払い」ができなくなってしまうわけですが、そもそもなぜこんなことが起きてしまったのでしょうか?

上記に貼ってあるお知らせの中には、

「一部ユーザの悪質な迷惑行為」

と記載されていました。

一体どういったことが行われていたんでしょう

 

ただ私、この迷惑行為についてちょっと思い当たることがあるんですね。

ツイッターをやってる皆さん、こんなつぶやきを見たことがありますか?

『○○を購入しましたが、金欠で購入できなくなったのでどなたか買ってくれませんか?代金引換にして住所を変更します』

といったお金がないから代わりに買ってという呟き…いわゆる購入権譲渡ですね。

私もツイッターでこの手の呟きを度々見ていました。

 

私はこの行為が代金引換や後払いといった支払い方法が中止になった原因だと思っています

いやむしろこれ以外に思い当たることがありません。

 

いつの呟きなのかは忘れましたが、この手の購入権譲渡についてトラブルがあったという呟きを見たことがあります。

それはあるアカウントの方がとある商品(多分CSMだった)をツイッター上で誰か代わりに買ってという呟きをしたらしいんですが、他のアカウントの方がそれを「代金引換」で購入することになったそうです。

ところがその方は発送日になっても商品を受け取らず、商品実質購入キャンセル…

プレミアムバンダイ側は得るはずだった利益を失いました。

こういったトラブルがここ最近かなり多くて、企業の利益が購入者の身勝手で少なくなっていったんでしょう。

 

本当に購入権を譲渡する呟きがめちゃくちゃ多かったんですよ。

それらの悪質な購入者の振る舞いが積み重なって、遂に企業が動かざる負えなくなったんだと思います。

 

転売ヤーへの対策も含めてだと思うのですが、今回の件はどっちかっていうとこの購入権譲渡の方に向けられた対策だと思います。

・お金について計画的に考えず購入した人達

・金儲けの道具にしか思ってない転売ヤー

こういった自己中心的すぎる行いによって、本当に欲しいと思っている人たちが肩身の狭い思いをしてしまう。

いい加減この悪循環どうにかしてほしいです…。

終わりに

今回は、プレミアムバンダイでの魂ウェブ商店商品の一部支払い方法中止について書いていきました。

「TAMASHIINATION 2019」の記念商品発表で舞い上がっていた最中の突然の悲報。

一部の悪質な購入者によってやらざる負えなくなったことが、私自身納得しきることができません。

 

今回のお知らせでは魂ウェブ商店の商品が対象となっていますが、恐らくその他のブランドも今後対象になっていくと思います。

特にCSMといった高額な商品ほど購入権譲渡の呟きがありましたから、CSMの新製品の受注開始前にも同じようなお知らせがでることでしょう。

 

今回のやむ負えない対策ですが、何もプレミアムバンダイだけの話ではありません。

一部の悪質な人間によってルールを守っている人まで肩身の狭い思いをしているといった事例は他でもおきていますから。

最低限のルールを守るなんて小学生で既に教えてもらってるはずなのに…なんでこうなるんでしょうね?

今回の件で、売買における自分の利しか考えてない方々は考えを改めてほしいと思います。

 

自分で買ったものは責任もって自分で支払って自分で受け取る

本当に欲しいと思っている人たち全員に、“正式な方法”で“適正価格”でお手元に届いてくれる日が来ることを願っています!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。