仮面ライダージオウ第25話ネタバレ&感想! アナザージオウ降臨!ソウゴの家族事情にツクヨミが迫る!

こんにちは、机上大使です。

 

仮面ライダージオウ第25話皆さん見ましたか!

前回の第24話の最後に存在が明らかになった“アナザージオウ”が遂に登場し、しかもこれまで登場したアナザーライダーにも変身することができるという能力まで備わっているというチートっぷりw

 

さらにはそのアナザージオウの契約者は、ソウゴの今まで触れられてこなかった過去に関わる人物のようで、たった1話でかなり濃厚な内容になっている気がする!

早速仮面ライダージオウ第25話のネタバレと感想を書いていきましょう!

■前回の第24話のネタバレ&感想記事

仮面ライダージオウ第24話ネタバレ&感想! ソウゴの力は未来を作ること!?タイムジャッカー仲悪すぎ問題!

2019年2月26日

獅子座のレグルス

今回の仮面ライダージオウ第25話はの始まりは、一つの星の大きな輝きから始まります。

それは、獅子座の一等星レグルス。

「王」という意味を持つ恒星で、いずれ来るオーマの日にはこのレグルスが一層輝きを放つのだそうです。

 

ところが、このレグルスは本来4月の終わりに見ることができる星なのに、この第25話では3月の始めなのにレグルスが現れています。

この現象を見て、スウォルツはオーマの日が確実に早まってていることを示唆していました。

 

確実に迫るオーマの日がどんどん目に見えてきているんですね。

とはいえ、天体にまで影響を与えるというソウゴの魔王性質は恐ろしいとしか言いようがありませんねw

もはや神羅万象を超越しています。


現れしアナザーライダー達

仮面ライダー第25話では、これまで現れた平成仮面ライダーのアナザーライダーが続々と再登場しています。

しかも、そのアナザーライダーはかつてアナザーライダーの変身者だった人物を襲っているのです。

 

まずはアナザーオーズが登場すると、アナザービルドの変身者だったバスケットボール選手を襲撃しアナザービルドの力を奪う。

それからアナザーエグゼイドの変身者(難病の息子の為に契約)だった飯田が襲われ、息子と同じ場所で救急車で搬送されてしまう。

さらには、アナザーフォーゼとアナザーファイズの変身者(亡くなった彼女の為に契約)だった佐久間までもが襲撃され、アナザーファイズの力を奪われてしまいました。

 

厄介なのは、それらのアナザーライダーをライドウォッチの力で倒すことができないということ。

アナザービルドが現れた際、久々に登場した仮面ライダージオウビルドアーマーの力でアナザービルドを撃破したのですが、その爆発からアナザーエグゼイドが出現。

仮に倒したとしても新たなアナザーライダーとして生まれるために、平成仮面ライダーのライドウォッチを使用してもあまり意味がないのです。

 

様々なアナザーライダーに変身できるアナザーライダー。

一体誰が変身者なのかと思っていると、自ら変身を解除しその姿を現します。

現れたのは「加古川 飛流」というソウゴと同い年くらいの青年でした。

加古川 飛流という男

ソウゴ達の前に自ら姿を現した謎のアナザーライダーの変身者「加古川 飛流」。

彼は姿を現すなり、ソウゴに向かってこんなことを呟きました。

「常磐ソウゴ、お前とはなんども交差する運命にある。またすぐ会うだろう」

 

まるでソウゴのことを知っているかのような言動。

というかソウゴの名前をしっかり発しているということは、ソウゴと何らかの関係が必ずある。

なのにソウゴ自身は、飛流のことを一切わからない感じでした。

 

後に調べていくと、この飛流はソウゴの過去に起こったとある出来事に関わっている人物だったのです。

明らかにされてなかったソウゴの家族事情

現れた飛流という青年がソウゴと何らかの関係がある人物であるということが分かったツクヨミは、事件解決の為に今となっては敵地となった「クジゴジ堂」に足を踏み入れオーナーの順一郎に飛流について聞き出すことにしました。

ただ前回の第24話でも言っていたように、ソウゴには友達が全然いなかったために家に友達を連れてくることが無かったそうです。

 

しかし順一郎はこんなことをいいました。

「ここに来る前はどうだったか分からないけどね。」

ソウゴはどうやら10年前の2009年にクジゴジ堂に住んでいて、それより前は両親と別の場所で暮らしていたそうです。

 

ここで初めて出てきたソウゴの家族についての話。

では、その両親は今どこで暮らしているのかということになるのですが・・・残念なことに両親は亡くなってしまっているんです。

10年前に起きたバスの事故によって、両親がなくなりソウゴは生還したと順一郎は話していました。

王になるための孤独への道とはいえ、ソウゴが8歳のころからすでに覇道の道が進んでいたと考えると中々酷ですね・・・。

 

ツクヨミは、順一郎が言っていたバス事故について調べるとかつての新聞記事が出てきました。

そしてそこにはソウゴ8歳の頃の写真があり、その隣にはなんと加古川 飛流の8歳の写真があったのです!!

 

これで、ソウゴと飛流にどんな繋がりがあったのかが判明しました。

バス事故が起きたあの日、バスの中で何が起こってしまったのか?

飛流がみせるソウゴへの態度は憎しみのようにも見えていたので、やはりバスの中で何らかのアクシデントが起こったような気がします。

このバス事故の真相は・・・来週まで持ち越しです!


ゲイツリバイブになるためには?

前回の第24話で、3つのミライドウォッチによって生まれたゲイツリバイブになるための新たなウォッチ。

その力があれば仮面ライダージオウⅡと同じように平成仮面ライダーのライドウォッチを持ちいらずともアナザーライダーを倒すことができるらしいのですが、ゲイツはまだウォッチの力を解放してはいませんでした。

というよりは・・・解放できていなかったというのが正しいかもしれません。

 

白ウォズが言うには、

”ゲイツリバイブの力を手に入れるには仮面ライダージオウを倒すという確かな覚悟”

が必要らしいのですが、ゲイツにはその覚悟がまだできていないようなんです。

 

最初は敵としてソウゴの前に立ちはだかり、そこで見てきたソウゴの最高最善の行いから心を揺るがせてきたゲイツ。

そして第16話でソウゴと交わした約束によって、2人には奇妙ながらも確かな絆が生まれていました。

 

それをいきなり倒す覚悟が必要となると、常人にはとても難しいですよね・・・。

そのせいなのかウォッチの仕様を試みても上手くいかず、それを見た白ウォズは落胆を隠しきれていませんでした。

 

この場面を見たとき、仮面ライダーブレイブレガシーゲーマー レベル100の力を手に入れる前の飛彩を思い出しました。

やっぱり今まで一緒にいた人間をいきなり倒せなんてのは酷がありすぎるんですよね。

そう考えると、ツクヨミの急すぎる手のひら返しもちょっと違和感があるなって人がいてもおかしくはないと思います。

でもツクヨミも、なんだかんだいってソウゴのこと気にかけてる気がするんですよね~私はw

白ウォズネタキャラ移行説?今なお続く論争に手を出してしまう

さて今回の仮面ライダージオウ第25話では、白ウォズが中々間抜けなことをしていましたw

白ウォズがフューチャリングクイズになり飛流が変身したアナザー凱武との戦闘をしていた最中にこんなクイズを投げかけました。

 

『トマトは野菜だが、フルーツトマトはフルーツである×か?』

と飛流にクイズを出し、ジカンデスピアツエモードによる必殺技「不可思議マジック!」を発動。

ところがその必殺技は通じず、アナザーゴーストとなった飛流によって反撃されてしまいました。

 

なぜ攻撃がアナザーゴーストに通じなかったのか?

白ウォズはこの現象を自らの失態も含めこう言っていました。

「しまった・・・○でも×でもない、永遠に続く論争を出してしまった!」

 

ええええええ!?

白ウォズさん、ここにきてすごいミスをやらかしてしまった!?w

 

今なお続くフルーツトマトは野菜かフルーツか問題を出したお陰で、○か×か判別できず攻撃が無効となってしまったのです!

あんなにインテリチックで余裕綽々だった白ウォズさんが侵したあまりにも間抜けすぎるミスに視聴者も笑わずにはいられなったのではないでしょうか?w

ミライドウォッチを全て入手した白ウォズさんは、ここからはネタキャラとして移行してしまうのかと思わずにはいられませんでしたw

 

ちなみにフルーツトマトは、植物学者は「果物」と定義し、農務省は「野菜」と定義しているらしく、この論争は本当に今もなお密かに続いている感じです。

こんな論争が白ウォズのいる2068年になっても続いているんですから、白ウォズのいる2068年は平和なんですねきっとw

まあ2121年までに何が起きるかは分かりませんが・・・。

裏の王アナザージオウ降臨

これまでいくつものアナザーライダーに変身することのできた飛流。

物語の終盤ではアナザーゴーストに変身したりなどしていましたが、遂に真の姿を現しました。

手に持ったアナザーウォッチを起動すると、腰に時空ドライバーのようなものが出現しその真ん中には「2019」という文字が刻まれている。

 

そして現れたのは、これまでのアナザーライダーとは大きく異なったデザインのアナザーライダー。

これこそが裏の王アナザージオウ!

 

恐ろしい白目、露わになった顔の筋肉、むき出しになった歯、歪に曲がった時計の針、仮面ライダージオウのボディとは正反対の白いボディが印象的。

目の下に「Zi-o」、「2019」と記載されていました。

何もかもが仮面ライダージオウと正反対なデザインで、まさに裏の王と言っていいでしょう。

 

その力もすさまじく、時計の針のような武器による一閃だけでゲイツとウォズを変身解除に追い込むほどです。

さらにアナザージオウには、仮面ライダージオウⅡと同じく未来を先読みすることができるのです!

 

互いが完全に未来を見据えているということから、

ジオウではアナザージオウを倒すことができないし、アナザージオウもジオウを倒すことができない。

という厨二な私にはたまらない展開に!

恐らくこのアナザージオウを倒す、または追い込むのがゲイツリバイブだと思うのですが、どうやってゲイツが覚悟を決めるのかも見どころですね。

 

そういえば、アナザージオウが生まれたことでウールがひどく怯えていましたね?

そのことを知ったオーラも驚愕していましたし、アナザージオウはタイムジャッカーにとっても恐ろしいものになりかねない危険なものとでもいうのでしょうか?

前回で極悪非道を尽くしたオーラ姫までもが驚きを隠せない理由も明らかになってほしいですね。


終わりと次回予告

今回は仮面ライダージオウ第25話のネタバレと感想を書いていきました。

様々なアナザーライダーとかつての変身者が登場したということもあって、昔はあんなことがあったなーとちょっと前なのに懐かしんだり、もうあれから結構話が進んでいるのかと驚かされてしまいましたw

 

そしてついに現れたアナザージオウ。

仮面ライダージオウⅡと同じく未来の先読みができるチート能力をもってるなんて”私聞いてない!”って言いたくなりますよ!w

お互いに倒すことができないなんていうたまらない設定はやめてくれって感じでした!

 

白ウォズのネタ的な発言も目立ってましたし、これから先の白ウォズの言動にも注目したいですねw

 

次回は、遂にゲイツリバイブが登場します!

ゲイツがどのようにしてジオウを倒す覚悟を身に着けるのか、そしてゲイツリバイブ実力など必見です!

 

そしてツクヨミは、10年前にタイムトラベルして幼きソウゴと飛流に出会うようです。

次回予告のムービーではツクヨミが誰かに銃口を向けているような映像がありましたが、まさか幼いソウゴを手に賭けようなってしないですよね?

ツクヨミ、気持ちは分かるが子供に手を出してはダメだぞ!!

 

ソウゴの過去、飛流との関係、ゲイツリバイブの実力など見どころたくさんです!

あれ?そういえば2009年て確か・・・仮面ライダーディケイドの放送年?・・・なるほど・・・

大体わかった。

仮面ライダージオウ第26話 ネタバレ&感想! イルサルバトーレ!ゲイツリバイブ覚悟の変身!

2019年3月12日

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。