S.I.Cの仮面ライダーウィザード インフィニティスタイルがやばいから紹介したい!

こんにちは、机上大使です。

リニューアルオープンした「AKIBAショールーム」に行ってきたというブログを書いたんですけど、そのブログの最後に、「AKIBAショールーム」で何を購入したのでしょうと書きました。

「AKIBAショールーム」についての記事はこっから見ることができます。簡単な行き方も書いてありますよ♪

AKIBAショールームがリニューアルしたらしいから行ってみた!!(行き方も軽く案内!)

2018年3月10日

で今回はその答え合わせをしたいと思います!!

・・・てか最初の写真でもろ答えだしてしまってるんですけどw

でも改めて言います!今回購入した商品は・・・

S.I.C 仮面ライダーウィザード インフィニティスタイル!!

一度見たときからずっと欲しくて、あったらー買おうかなーって思ってたらあったんですよ!!でも結構高いから悩んだんですけど結局買っちゃいましたw

ブログでは「S.H.Figuarts」をメインに紹介していますが、めちゃめちゃ格好いいので是非共有させてください!



フィギュアと内容物紹介!

最初に、「S.I.C」って何?ってかたに簡単に教えますと、この「S.I.C」は造形会のトップの方達がフィギュアをより芸術敵に作り上げようという目的から作られてシリーズです。

確かにその通りで、モデルの基本スタイルは活かしながらも独自のオリジナル造形が施されて、いじりすないけどオリジナルとは全然違う。でもしっかりそのモデルのオリジナリティが残っているのでめっちゃくちゃきれいです。

シリーズとしては、「仮面ライダーウィザード」の他に、「仮面ライダーOOO(オーズ)」、「仮面ライダー凱武(ガイム)」、「仮面ライダードライブ」、その他もたくさんラインナップがあります!

 

では、内容物紹介!

見にくくてごめんなさい。でもこれだけ離さないと全部撮れなかったんです・・・。ばかでかいブリスターケースの中に、本体とその他諸々のパーツが揃っています!

仮面ライダウィザードが使う「ウィザーソードガン」からもうオリジナル要素てんこ盛りw本編こんなに長くなかったでしょって突っ込みたくなるくらい長い!

さらに、インフィニティスタイルのメインアイテム「アックスカリバー」はカリバーモードとアックスモードとあるのですが、それは別々で用意されています。カリバーモードはあるパーツを組み合わせることで作ることができます。

で、大きさなんですけどこれがやばい。みてこれ・・・。

S.H.F仮面ライダービルドよりもでかいんですよ! これやったときほんとに驚き・・・。

そして、これが翼パーツ、これを仮面ライダーウィザードの背中に付けることができます。そして、これをさっきの写真の下のパーツと上の赤いパーツを合わせることで・・・。

アックスカリバー アックスモードに変形!!

またかなり大きいんです。仮面ライダービルドと比べると・・・。

もう相当でかいですw

そしてこれが本体!これを最初に見たとき、「綺麗や、シンデレラや・・・。」と思ったのを覚えています。透き通った宝石感が神秘的なんです!

バストアップで写真を撮ると、顔の造形、肩のパーツ、胴体腹回りの服、イケメン要素しかない。

そして最大の特徴であるこのマント!!マントって言うよりはもうドレス!!

しかもかなり優秀な可動域を持っていて、中のジョイントパーツも見えないようにうまいことなってます。

最大でこれだけ上に動きます!

風でフワッて舞い上がってる感がちゃんと再現できる。けどなんかマリリン・モンローのBGMが流れてくるなーこれ見るとw

そして、お馴染み仮面ライダービルドを使って大きさを比べると、約1.5倍くらいあるかな。

仮面ライダーびるどの腕を上に上げても届きません。頭の高さがちょうど良いのでよしよししちゃったw

翼パーツは、後ろのせなかに刺さっているパーツをぬいてそこに差し込むことで取り付ける事ができます。

両方取り付けて、こんなに神秘的な仮面ライダーウィザードができました!もはや天使w

さらにアックスカリバー アックスモードのパーツはこうやって・・・。

尻尾パーツとして取り付けることもできます!ドラゴンそのものですね。

アックスカリバー カリバーモードとウィザーソードガンが持たせると臨場感がはんぱない一つの芸術が生まれます。二つともかなり長いので見栄えが良い。

アックスカリバー アックスモードを使うとアックスがでかすぎて空中に固定ができませんが、地面にたたきつける表現がかっこよくできます。臨場感すごすぎ・・・。

ちなみに、アックスカリバー アックスモードを仮面ライダービルドに持たせてみたんですが・・・。

いや、私はね流石にやめときなって言ったんですよw

でも・・・。

ビ「こんな材質見たことがない。宝石なのか?この天っっ才物理学者が調べてやる!」

と意地でも持って帰ろうとしています。

ウィ「あーこんな所に、あれ?あんた誰だ?」

ビ「俺はカメンライダービルド、天っっ才物理学者だ!あんたは?」

ウィ「俺は仮面ライダウィザード、魔法使いだ。悪いがそれは俺のものなんだ。」

ビ「魔法!?信じられない。非科学的だ。だが、この武器といい姿といい、俺の見たこと無い物ばかりだ。研究のしがいがある・・・。」

ウィ「研究熱心なのとこ悪いが天才物理学者さん、ちょっと急いでるからまた今度な。」

ビ「あーちょっと!待ちなさいよ!せめて一欠片でいいから。」

ウィ「またな。」

そのまま、仮面ライダーウィザードは腰のバックルに手を添えたと同時に消えてしまいました。

ビ「消えた・・・。ほんとに魔法使いだったのか・・・最悪だ・・・。」

もっと、調べたかったのかひどく落ち込む仮面ライダービルドでした。

終わりに

はい、突然の寸劇すいませんでした。

魔法と科学の奇跡の合流をしたくなってしまいまして。でもいつかこんなことがあってほしいな~って思ってます。

 

S.I.Cは個人的にまだ早いなーと思いずっと買ってなかったのですが、結果としてかって大正解でした。見た目とか大きさとかが男心をくすぐるし、そしてS.H.フィギュアーツばりに動くんです!!

でかいし重いいので空中での固定は工夫が必要ですが、いちど飾るともうしまいたくないほど格好いいです。

S.H.フィギュアーツをメインに集めていますがもしドストライクなフィギュアがでたら買ってみようかなと思う一品でした!!

以上、仮面ライダーウィザード インフィニティスタイルの自己満レビューでしたW

あ、仮面ライダービルドのレビューももちろんあるので見ていってね♪

S.H.Figuarts 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム レビュー!! フィギュアデビューにもってこいの逸品!

2018年3月3日

 

では、またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。