S.H.Figuarts仮面ライダーバルカン アサルトウルフ レビュー! ワイルドさが際立ってます!

こんにちは、机上大使です。

 

今回はプレミアムバンダイから発売された…

S.H.Figuarts仮面ライダーバルカン アサルトウルフをレビュー!

 

仮面ライダーゼロワンの2号ライダーである仮面ライダーバルカンのパワーアップフォーム!

人間に悪意を抱くAIが搭載された通信衛星「アーク」によって作られたプログライズキーで変身し、中心にはアークに酷似した形のコアが搭載されています。

色合いもダークな印象になり、変身者「不破 諌」のヒューマギアへの積年の恨みを体現したようなスーツデザインとなっています。

ただ話が進むにつれて、この怒りは天津 垓によって埋め込まれた偽物の記憶だったことが明らかになるんですよね…。

改めて1000%おじさんのサイコパスっぷりが垣間見えた瞬間でした。

 

バルカン アサルトウルフはゼロワンシャイニングアサルトホッパーよりも前に登場しましたが、S.H.Figuartsとしては登場が逆転、ゼロワン シャイニングアサルトホッパーの後に登場しました。

ゼロワンでも人気の高い諌が変身するバルカンの2体目のS.H.Figuarts…早速レビューをしていきましょう!

created by Rinker
BANDAI
¥7,700 (2021/02/26 22:52:30時点 Amazon調べ-詳細)

概要

まず最初にパッケージから順に商品を見てみましょう。

■パッケージ

ゼロワンアーツお馴染みの白背景に暗い藍色と黒のライダーがよく映えます。

英語表記のネーム周りが黒になっております。

■フィギュア本体

それではフィギュアとご対面!

ごつい!!

スマートなシューティングウルフから一気に装甲が追加され、目標を完全に沈黙させんとするデザインに。

暗い藍色と黒のアーマーによるアーク感が怒りと恐ろしさの両立を実現しています!

・頭部

シューティングウルフで既に頭部のクオリティの高さを味わいましたが、これはそれを完全に上回りました…。

耳状のパーツの片側の機械感も細かく再現し、少し欠けている負傷した狼感が出ていて良きです。

もともと怒り顔であるバルカンの顔が真っ青になることでここまで怒りの増幅っぷりを感じますから、このデザインを考えた人は間違いなく天才ですね!

・胸部

最も特徴的な胸部中心のコアは、以前レビューしたS.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーと同様の造型で、クリアパーツがピンクに変更されています。

アーマーは左右対称のダークな雰囲気を醸し出し、所々にある赤いカラーがより攻撃的な印象を与えます。

・腕

前腕には作中でも撃ちまくっていたサブマシンガンパーツもしっかり作りこまれていました!

巻かれているバンドも再現されております。

手首パーツも狼が爪を立てたような造型になっていますね!

そしてこれかなりびっくりしたのですが、このバルカンアサルトウルフの腕にバンドが巻かれているんです。

ここがこういう造型だったことをこのフィギュアで初めて知りました…w

このバンドは軟質パーツでできていて、腕の可動に可能な限り支障が無いようになっています。

・エイムズショットライザー/アサルトウルフプログライズキー

変身兼メインウエポンである「エイムズショットライザー」にぶっ刺さっているのが新たなプログライズキー「アサルトウルフプログライズキー」

取り出すと先端のライダーズクレスト以外に真ん中の特徴的な狼デザインが再現されていることが分かります。

アサルトウルフプログライズキーが装填された状態のエイムズショットライザーを持たせると、サイズ感はこんな感じになります。

アサルトグリップが拡張マガジンみたいで非常に良い見た目です!

・下半身

上半身同様、下半身もアーマーが左右対称に変更。

両足にすね横の突起やつま先の爪が施されています。

足裏はカワイイ肉球仕様ですw

■付属品

続いて付属品を紹介します。

・手首交換パーツ

手首交換パーツは左右で5種類あります。

そのうちの1つですが、先ほど紹介した軟質パーツのバンドを握りしめていますね。

実は今回のS.H.Figuarts仮面ライダーバルカン アサルトウルフは手首交換が特殊です

手首交換にはまずサブマシンガンパーツを外してからバンドを取り外します。

そして手首パーツからバンドを外し、

違う手首パーツに取り付けて手首のジョイントに差し込みます。

後はバンドの穴を凸部分にはめてマシンガンパーツを取り付ければ…

手首交換完了!

結構手間がかかる仕様になっていましたw

・オーソライズバスター(バスターモード)

 

 

S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーで登場したオーソライズバスター(アックスモード)からしばらく経ち、遂にバスターモードのオーソライズバスターが登場!

モードチェンジ仕様でなく別パーツに変更しただけあって、サイズ感がよりベストなものになっています。


比較

せっかくなので基礎フォームである仮面ライダーバルカン シューティングウルフとの比較をしてみましょう!

アサルトウルフの闇堕ちっぷりが凄まじいといってもいいほどの変わりようがよく分かりますねw

闇堕ちこそしていませんが、アークが作り出したライダーであることを露骨にアピールしています。

元々つり目で怒ってる顔なのに、マスクの色が暗くなるだけでこうも激昂しているように見えるあたり、カラーリングもイメージにおいて重要なんだと改めて考えさせられます。

全体的な横幅も大きくなりました。

後ろのデザインは色の変更はあれどデザインはそこまで変更がないんですね。

 

左右非対称のスマートな基礎フォームシューティングウルフ

左右対称のゴテゴテ戦闘装備でダークライダー感が出てるアサルトウルフ

1つ言えることは…

どっちのバルカンもやばいってことです

S.H.Figuarts仮面ライダーバルカン シューティングウルフレビュー! 怒れる孤狼が超絶クオリティで爆誕!

2020年5月17日

 

可動域

続いてフィギュアの各関節の可動域を見ていきましょう。

■頭部 可動域

顎とコアの上部が干渉するため下を向くのに不向きですが、それ以外は問題なく動かせます。

■腕 可動域

腕の可動域ですが、手首がバンドで固定されているためほとんど動かせません。

軟質パーツのバンドなので全く動かせないわけではありませんが、気持ち程度しか動かせませんでした。

その代わりの仕様として、S.H.Figuartsとしては珍しく前腕が独立で回せる仕様になっていました。

また、前腕にボリュームがあるため肘を曲げる際は画像くらいしか曲げられません。

■胴体 可動域

胴体の可動はストレスなく動かせます。

前に倒す際にアサルトグリップが干渉しますが、エイムズショットライザーを外して撮影することを考えるとそこまで問題じゃないです。

■下半身 可動域

最後の下半身ですが、上半身程ボリュームはないので各関節思い通りに動かせました。


S.H.Figuarts仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 撮影

お待たせしました!

S.H.Figuarts仮面ライダーバルカン アサルトウルフで何枚か写真を撮ってみましょう!

まずは印象的だった初変身を再現。

「笑いなんていらねえんだよ…!

滅亡迅雷.netをぶっ潰す…それが俺の…

「全てだああああああああ!!!」

アーク製のプログライズキーさえもこじ開けた諌は怒りのままに新たな変身を試みる!

『オーバーライズ!KAMEN RIDER KAMEN RIDER…』

「変身!!」

『ショットライズ…レディーゴー!アサルトウルフ!
“No chance of surviving.”(生き残る術などない)』

「…ぶっ潰す…!」

ちょっとしたポーズをとるだけでもかなり決まりますね!

怒ってるイメージをダイレクトに与えるスーツデザインは見事としか言いようがありませんね…

力強いパンチから…

前腕についてるサブマシンガンを乱射!

シューティングウルフの時よりもごつくなって、エイムズショットライザー構えポーズもワイルドな印象に。

オーソライズバスター(バスターモード)でのアクション!

存在感ありありですね。

どしっと構えて発射!

ゼロワンはアックスモードに変形してましたが、脳みそがゴリラな諫はもうこのまま殴りつけてきそうw

こういった2丁持ちなんかもできたんじゃないかと想像を膨らませております!

 

ではせっかくなんで、他のゼロワンフィギュアと一緒に撮影してみましょう!

ヒューマギアへの怒りのままに攻撃を繰り出すバルカン アサルトウルフ。

優勢を貫いていた滅亡迅雷.netも、一方的な攻撃に翻弄されていました。

『マグネティックストームブラストフィーバー』

滅を再起不能にした激昂の一撃!!

アークの意思によって迅を庇った滅。

この時は「迅に人類復讐の自我を植え付ける」というアークの作戦に従っての行動でしたが、後半は親として迅を思うストーリー展開になっていったのは上手い運びですよね。

そしてやってみたかったのがアサルトコンビでの撮影!

バルカン アサルトウルフとゼロワン シャイニングアサルトホッパーの2ショット。

どちらもゴテゴテと重装備!

お互いの基本フォームのスリムさが印象的だったこともあり、スーツのボリュームアップがよく分かりますね。

そしてバルカン アサルトウルフを手に入れたら絶対やりたかったのが…

第21話での戦闘にて、敵(レイダー)に弾かれたオーソライズバスターを空中でキャッチするというアクション!

戦闘自体は短いですし敵に逃げられていますが、初のアサルトコンビでの戦闘だったということもあって非常に印象に残っていました!

ここを再現できて私はとても満足しています!w

終わりに

今回はS.H.Figuarts仮面ライダーバルカン アサルトウルフをレビューしました!

完成度が高くて毎回届くのが楽しみなゼロワンシリーズですが、こちらも期待以上の造型でした。

手首パーツの交換に手間が多いのと、造型上可動に制限がある個所がありますが、大概のポーズはとることができました。

あとちょっとだけ肘が深く曲がればな~とは思いましたが、それでも躍動感あるポーズをとれるので十分遊べるフィギュアだったと思います!

 

バルカンは人気があるので、残りのフォームのアーツ化も期待できますね!

ランペイジ、オルトロスの発売という情報が楽しみでございます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。