S.H.Figuarts 仮面ライダーグレートクローズ レビュー! エボルトカラーが決まる良質色違いフィギュアだ!!

こんにちは、机上大使です。

 

皆様明けましておめでとうございます!

2019年も机上大使の仮面ライダー道楽ブログをよろしくお願いします!

 

新年最初に紹介するフィギュアは、プレミアムバンダイから発売された・・・

S.H.Figuarts仮面ライダーグレートクローズ!!

エボルトの遺伝子を失った「万丈 龍我」が、不屈の闘志によって新たに生み出した遺伝子によって変身した仮面ライダークローズのグレードアップフォーム!

 

活躍はあまりありませんでしたが、仮面ライダーグレートクローズになるまでの一連のストーリーはとても見応えがありました。

劇中では仮面ライダークローズマグマの後に登場しましたが、S.H.Figuartsではこちらが先に登場しました。

このブログでも人気のレビュー記事である「S.H.Figuarts仮面ライダークローズ」の色違いのフィギュアなので、その比較も含めて見ていきましょう。

■S.H.Figuarts仮面ライダークローズのレビュー

S.H.Figuarts仮面ライダークローズレビュー! この出来栄えはどのフィギュアにも負ける気がしねえ!!

2018年6月24日

S.H.Figuarts仮面ライダーグレートクローズ 内容物

まずは、S.H.Figuarts仮面ライダーグレートクローズの内容物から見ていきましょう。

■外箱

中身が見えない外箱仕様になっており、仮面ライダーグレートクローズカラーになっています。

エボルトのようなレッドカラーが下に施されているのが粋ですね。

成分表のようなプリントも施されていて、右上にはドラゴンの「D」があります。

■フィギュア本体

フィギュア本体は、以前紹介したS.H.Figuarts仮面ライダークローズの色違いとなっています。

元々最高のクオリティのフィギュアなので、出来栄えは安定しています。

各部分を詳しく見ていきましょう。

・バストアップ

仮面ライダーエボルを彷彿地させるカラーとデザインが特徴的で、肩部分のワインレッドとゴールドが冴えています。

頭部は仮面ライダーエボル ドラゴンフォームの頭部パーツカラーになっています。

天体のようなデザインと真ん中のライダーズクレストがデザイン変更されています。

・ビルドドライバー&グレートクローズドラゴン

ビルドドライバーにささっているグレートクローズドラゴンも、クローズドラゴンの色違いです。

ボディがワインレッドカラーに変更されています。

取り外すことも可能です。

グレートクローズドラゴンは首と尻尾を広げてドラゴン状態にすることができます。

ささっているフルボトルも取り外し可能で、こちらはドラゴンフルボトルからグレートドラゴンエボルボトルに変わっています。

ドラゴンのようなモールドとカラーも完全再現されています。

・装飾&足裏

前腕のドラゴンの背ビレのような装飾は、S.H.Figuarts仮面ライダークローズと変更はありません。

左はゴールドカラーがあり、右はヒレパーツのみとなっています。

足裏はシンプルなモールドが施され、かかと部分には仮面ライダービルドのライダーズクレストがあります。

■付属パーツ

次は付属パーツを紹介します。

・手首パーツ

手首パーツは左右で2種類、ビルドドライバーのレバーを掴む右手首パーツが1つあります。

・ビートクローザー&各種パーツ

映画「仮面ライダービルド BeTheOne」で使用していた「ビートクローザー」も一式揃っています。

テール部分を交換して、ヒッパレ!アクションの再現ができます。

ロックフルボトルも付属しています。

S.H.Figuarts仮面ライダーグレートクローズ 可動域

S.H.Figuarts仮面ライダーグレートクローズの内容物を紹介したので、次はフィギュア本体の可動域を見ていきましょう。

■頭部パーツ

下にはこれくらい向くことができ、

上にはこれくらい向けます。

横にも向けますが、丸部分の襟にで止まってしまいます。

まあ全然許容範囲ですw

■腕周り

肩上のパーツは写真のようにパカッと開く用になっていてポーズがつけやすいようになっています。

なので腕を真上に挙げることも余裕です。

腕はこれくらい広げることができます。

肩パーツが他のフィギュアに比べて腕の居合わせて稼動しづらい構造なので、真横までは広げられません。

肩と腕の付け根で一回転し、肘と手首は写真くらい曲げることができます。

■胴体

胸部下と腰で稼動します。

腰は一回転できますが、胸部下はかなり硬いので回すのは不向きです。(多分個体差)

後ろにはこれくらい反れて、

前にはこれくらい倒れます。

胸部のパーツがビルドドライバーに干渉するので、倒す場合は慎重に行いましょう。

■下半身

前後にはこれくらい開くことができ、

横にはこれくらい広がります。

腰と足の付け根部分のパーツの構造状の問題で、開くにはちょっとコツがいります。

足と腰の付け根と足首が一回転し、肘、足首、つま先を曲げることができます。

可動部分の紹介は以上となります。



S.H.Figuarts仮面ライダークローズとの比較

では、以前レビューしたS.H.Figuarts仮面ライダークローズと並べて、お互いがどのように変わっているのか比較してみましょう!

こうやって並べると、どこがどんな風に変わっているのか一目瞭然です。

基本的に、仮面ライダークローズの白の部分が、仮面ライダーグレートクローズではゴールドカラーに変わっています。

頭部のドラゴンの頭のような装飾がターコイズブルーに変わり、目がレッドになっているのも特徴ですね。

クローズドラゴンとグレートクローズドラゴンも比べてみましょう。

細かい所までカラーが変更されていて、同じ物でも別物です。

興味本位でS.H.Figuarts仮面ライダークローズチャージも並べてクローズ3兄弟にしてみましたw

いかに仮面ライダークローズチャージが個性的かがお分かりいただけると思います。

S.H.Figuarts仮面ライダークローズチャージレビュー! これで一般販売って、マジでやばいやつじゃねえか!

2018年8月9日

仮面ライダーグレートクローズ アクションポーズ

お待たせしました!

S.H.Figuarts仮面ライダーグレートクローズでアクションポーズをとっていきましょう!

『覚醒!グレートクローズドラゴン!!AreYouReady?』

「変身!」

『Wekeup CROSS-Z! Get GREATDRAGON! Yeah!』

「何度だって立ち上がってやるよ!!」

拳をガン!ってやるポージングがかっこいい!

グッと腰を落としてのポージングも決まる!

ジャブパンチポーズから、

右ストレートパンチ!

万丈のような荒々しい攻撃が再現できます。

そして片足立ちのキックに、

回し蹴りで放つドラゴニックフィニッシュも決まります!

お次は、映画のみで使用したビートクローザーでのポーズ!

ひっぱりアクションをして、

『スマッシュヒット!!』

蒼炎の斬撃を放つ!

S.H.Figuarts仮面ライダークローズのビートクローザーを拝借すれば、夢の二刀流もかなっちゃいます!

仮面ライダークローズのパワーアップなんですから、これくらいしてもいいですよね♪

プレミアムバンダイで発売された「DXグレートクローズドラゴン」にまたがってはしゃぐようなポーズとかもとってみました!

 

最後は仮面ライダークローズとの時を越えた出会いをとっていきましょう!

「おいクローズじゃねえか!!どうなってんだよ!誰だお前!」

「お前こそ誰だよ!クローズみたいな格好しやがって真似すんじゃねえ!」

「万丈~。ハザードレベルを上げにきてやったぞ・・・ん?万丈が2人?どうなっている・・・な、なんだこの異常なハザードレベルは!!」

「「ごちゃごちゃうるせえ!!!」」

「グアッ!!」

「なんだよ今の一撃!まじすげえ!マジ最強じゃねえか!」

「なんだかわかんねえけど、お前もやるじゃねえか!!・・・ん?エボルトのやつ、なんでエボルじゃなくてスタークになってんだ?」

「こ、こんなはずでは・・・早く究極のベルトを・・・」

 

何故か過去に遡った仮面ライダーグレートクローズが、仮面ライダークローズと出会いブラッドスターク(エボルト)をたたきのめすというストーリーでした!

S.H.Figuartsブラッドスターク レビュー!! スチームエフェクト イエーイ!!

2018年5月20日

終わりに

今回はS.H.Figuarts仮面ライダーグレートクローズを紹介しました!

以前レビューしたS.H.Figuarts仮面ライダークローズの色違いということで、クオリティは保証済みと思っていました。

しかし見比べてみると、デザインがかなりエボルトよりで変更点が細かいところまで変わっているんだと感心しました。

同じ形でも、一緒に飾って損はない良質なフィギュアでした!

 

仮面ライダークローズシリーズはまだ終わりません。

2019年1月には、遂に最終フォームのS.H.Figuarts仮面ライダークローズマグマが到着します!

これが到着すれば、劇中で出てきた仮面ライダークローズシリーズをコンプリートすることができます。

早く4体を飾って仮面ライダークローズに浸りたいですね!

S.H.Figuarts仮面ライダークローズマグマ レビュー!! クオリティの高さに男心がほとばしる!アチャー!!!

2019年2月9日

そして、Vシネマの仮面ライダークローズエボルもS.H.Figuartsをお願いします!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。