仮面ライダービルド第44話の感想&ポイント!! 最っ高の馬鹿ばっかりだよまったく!

こんにちは、机上大使です。

 

中々見る機会が出来ずに遅くなりましたが、今回も仮面ライダービルドの感想とポイントを書いていきたいと思います!

前回の43話の事も書いてますのでよかったら・・・

仮面ライダービルド 第43話の感想~ほんとに最近の父親はろくなのがいない~

2018年7月9日

今回の第44話のタイトルは、「エボルトの最期!!」

あの全ての元凶エボルトが最期を迎えるという・・・何とも胡散臭いタイトルw

 

先週の最後にかずみん(猿渡 一海)と幻さん(氷室 幻徳)が研究所に向かってましたが、そこも気になるところですよね。

では、感想をふまえた今話のポイントを書いていきましょう。

エボルトを倒すために決めた覚悟

先週の話で研究所に忍び込んだ幻さんとエボルトは、話が始まってすぐに研究所に捕まってしまいます。

しかし、その目的はハザードレベルを上げるため。

 

かずみんは、少し前に研究所に捕まりロストスマッシュにされかけその後脱走し、その際にハザードレベルが上がったという経験があります。

それを狙って幻さんも一緒に捕まりにいったのでしょう。

 

結果として、戦兎を指一本で吹き飛ばすほどのハザードレベルを上げることができました!!

しかし、倒されたら体が消滅するというデメリットも伴ってしまいました。

 

でも、これもエボルトを倒すため・・・。

世界を守るために命を賭ける2人の覚悟が垣間見えました。

エボルトを倒すキーアイテムと戦兎の苦悩

今回、戦兎はエボルトを倒すために新たなアイテムを開発しました。

マグマに相反するブリザードの力を秘めた「ブリザードナックル」

前回で、ベルナージュの意識を万丈に植え付けたことでエボルトの遺伝子が融和されエボルト化はしなくなり、さらに強くなったことによってブリザードナックを使おうとしました。

 

しかし、このブリザードナックルがあれだけハザードレベルが上がった万丈でもボトルを挿しただけで苦しむほどの負荷がでるというリスクの高いアイテム。

ところが戦兎は、そんな苦しむ万丈にドライバーにブリザードナックルを挿すよう要求。

 

父親と戦うことにまだ完全に納得できてなかった戦兎は、幻さん達を救出しにいくときも父親忍と戦いその時に「お前の不甲斐なさでこの世界は滅びる」ってことを言われてしまいます。

その言葉に相当焦ってたのか、前回に負けず劣らずの感情むき出しの戦兎が見ることができました。



4人ライダーVSエボルト! 勝利の鍵は幻さん特製パスタ!?

最初は戦兎1人がエボルトと戦おうとするという相変わらずの背負い込み癖が出ましたが、すぐに万丈達3人が集合。

馬鹿ばっかり・・・でも最高な仲間と共に4人同時変身!!

『完全無欠のボトルヤロー!ビルドジーニアス!』

『極熱筋肉!クローズマグマ!アーチャチャチャチャチャチャチャチャチャアチャー!』

「潰れる!流れる!溢れ出る!ロボットイングリス!ブラァァ!」

「割れる!食われる!砕けちる!クロコダイルインローグ!オォラァァ!」

エボルトに一斉攻撃!!

 

しかし、エボルトの実力はまだまだ半分も出していないらしく4人は苦戦を強いられる。

そこで戦兎は計算式を展開し作戦を結構。

 

ローグとグリスがパンチでエボルトの両手を塞ぎ、クローズマグマがブリザードナックルで苦しみながらもエボルトを殴りつける。

エボルトは全く効いてない素振りを見せますが、ブリザードナックルの本気の一撃を「エボルトリガー」にぶつけた際にエボルトの体が全く動かなくなりました!

 

実は、これは話の前半で戦兎がタンクタンクにフォームで戦っていた際に忍ビルドに「ハザードトリガー」に一撃をくらい身動きがとれなくなったのを参考にしました。

でもすぐに気がついたわけではなく、きっかけは戦兎が外出から戻ったときに見たみんなの食事シーン。

 

その時は幻さんが、かずみんが教えたパスタを作りみんなに振る舞っていたのですがこれが絶叫レベルの不味さで不評の嵐。(馬鹿万丈はモリモリ食べてましたがw)

結局かずみんが作り直すことになったのですが、その時に「同じ材料、同じ作り方をしてるのに・・・」と発言。

この言葉で戦兎は、ハザードトリガーとエボルトリガーが同じ形状なら同じ構造で作られてるのではと考え、ここで忍との戦闘を思い出したのです。

 

その読みは当たり、エボルトは身動きがとれなくなりブラックホールフォームからコブラフォームに退化。

その隙を逃さずジーニアスフォームで「ジーニアスフィニッシュ」を炸裂!!

エボルトは遂に4人の前で粒子状になりながら倒れ爆発!タイトル通りエボルトを倒したのです!!

・・・が、爆発跡にはなぜか黒くなったロストフルボトルが3本。

そして、またここに忍が現れるのです。



忍の目的は?敵か味方か・・・

「新世界を創る」

この言葉が、エボルトと共に新世界を創ると誰もが思っていたでしょう。

わたしも、前回の記事でろくでもない父親だと書いてました。

 

しかし忍は、ハザードトリガーに攻撃して身動きがとれなくなった戦兎を4コマ忍法刀の隠れみの術で研究所外に逃がしました。

そしてエボルトに、3本のロストフルボトルを渡し戦兎達と戦わせようと促し、見事戦兎達がエボルトを倒したときには「計画通りだ」と発言!!

 

エボルトを倒すことも計算の内だったことが判明し、とうとう忍の目的が本当に分からなくなってきましたよ。

これはひょっとして、実は身を犠牲にしてたいいお父さんパターンか!?

イケパラ並のチョケ合戦!!

今回の話は、シリアスな展開なのにイケパラを彷彿させるようなチョケが凄く多い話でしたw

 

戦兎とかずみんが仲直りしたから、みーたん抱き枕あげないと砂羽さんが言ったらかずみんが大暴走!

戦兎とを突き飛ばし仲直りしてないアピールをして抱き枕を砂羽さんから奪取!

とても言葉では表現できないほどに気持ち悪い動きをして、また気持ち悪い心の声を視聴者が聞くはめにw

 

その後、抱き枕は結局買う事になりますがその値段「200マンドルク」!

万丈「高!!」

かずみん「安いですね!これ現金ではらったら特典とかつくんですか?裏に砂羽さんの水着写真とか?」

幻さん「それ俺も欲しい!!」

 

世界の危機だってのにこの人達はこんな馬鹿なやり取りをやってますw

 

幻さんのT-シャツネタもまあ空気ぶちこわしで、しかも使いこなしてないというぽんこつっぷりww

ほんと、馬鹿で最高な奴等ばっかりですよ!

最終回に向けた最後のチョケ回って感じでしたね。

脚本家が「イケメンパラダイス~花盛りの君たちへ~」の脚本家だけあってこういうチョケはお手の物ですね♪

終わりに

最高な馬鹿が誰よりも頼りになる仲間になって、かつて敵だった奴等も仲間になって賑やかで、こんなやり取りをずっと見てたいな~と思える話でした。

でも、最終回までほんとにあと少し・・・やっぱり最終回までのこの期間が寂しいです。

 

次回は、忍の計画が遂に明らかになる感じです!!

そしてエボルドライバーを付けた謎の怪人が登場し、最後の波乱が訪れそうです。

 

まさか、あれがエボルトの正体・・・だとしたらここからが本当の意味での最終決戦です!

スカッとする最終回を期待しましょう!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。