仮面ライダービルド第45話のポイント&感想記事! 映画を見るなら絶対見逃せない超号泣回!

こんにちは、机上大使です。

 

お父さーーーん!!!

・・・っは!?ごめんなさい、今回の仮面ライダービルド第45話で感極まって号泣しておりますw

 

しかも、今回の話はこれから公開する「劇場版仮面ライダービルド Be The One」に繋がるとんでもなく重要な話です!!

では、今回放送された仮面ライダーのポイントと感想を織り交ぜて書いていきましょう!

■前回44話の記事

仮面ライダービルド第44話の感想&ポイント!! 最っ高の馬鹿ばっかりだよまったく!

2018年7月17日

忍の覚悟と愛、そして黒いパンドラパネルの力の正体

「葛城 忍」はエボルトが倒された直後に現れ、ロストフルボトルとエボルドライバーを回収する。

忍は、ずっとエボルトの肉体が滅ぶのを待っていた!!

忍は10年エボルトの側近のフリをしていてこの地球を守ろうと影で尽力していた。

 

そして、忍の口から黒いパンドラパネルの物理法則を超える力の正体を暴露される。

黒いパンドラパネルの力の正体それは・・・「ワームホールの展開」つまりワープ!!

エボルトはこのワープを使って星々に簡単に移動し星を消滅させ、自らが支配する「新世界」を作ろうとしていた。

 

が、エボルトは忍が裏切る事を予見していて、自分の細胞を「内海 成彰」に憑依させていた。

エボルトの怒りに触れてしまった忍は、エボルトに毒を入れられてしまう。

息子の戦兎(葛城 巧)の腕の中で、弱りながらも最後の力を振り絞り戦兎に最後の頼みと「父」としての言葉を語りかける。

「最後まで息子に託して、父親失格だな。・・・巧・・・また、背伸びたか・・・。」

戦兎の頭をクシャクシャ撫でながら呟き、毒に倒れ消滅・・・。

 

このシーンまじで泣いた、こういうの弱いんですよ私は・・・。

最後の最後で父親としての忍を見れて良かった。

ついに揃ったロストフルボトル、完全を超えた怪物エボルト

前回の話でエボルトを見事倒した戦兎達・・・のはずだったがやはり生きていたw

あの時確かにエボルトは爆発して消滅しましたが、それは持っていた3本のロストフルボトルを黒に変色させるため。

 

その為に肉体を破壊してエボルドライバーに自分の細胞を残し復活の機会を窺っていが、側近だったはずの「葛城 忍」に裏切られそのエボルドライバーは特殊な容器に入れられ力を封じられることに。

しかし、エボルトはそれすらも把握していた。

 

前の項目でも書いたように、自分の細胞を「内海 成彰」に憑依し再び戦兎達の前に立ちふさがる。

エボルトは、細胞を自由に放出できるようになっていた。

そして忍の命を奪い、封じられていたエボルドライバーを奪取し仮面ライダーエボルに変身。

 

かずみん(猿渡 一海)を意識不明にした後戦兎達は戦線を離脱するが、エボルトは東都にクローンスマッシュを大量に放出して東都をパニック状態にさせる。

その後戦兎達と再び戦闘を再開するが、エボルトはブラックフォームになぜか変身しない。

実はエボルトは、かずみんに細胞を憑依させていてそのかずみんを使って最後のロストフルボトルを奪い取り、全てのロストフルボトルが黒いパンドラパネルに装填されてしまった。

 

エボルトは黒いパンドラパネルを体内に取り込み、エボルトリガーの力を完全解放!!

エボルドライバーからでる異常に不気味な笑い声と共に、怪人と化したエボルトが降臨。

 

その力は、あまりにも圧倒的・・・。

手を一振りしただけで周りのビルをまきこみ破壊する力を持つが、黒いパンドラパネルの力でワープが可能に!

戦兎と共にワープで他の惑星移動し、その惑星を自ら作り出したブラックホールで一瞬で消滅させてしまうほどの力を見せつけた。

 

が、戦兎達の協闘で黒いパンドラパネルを体外に出され、再び仮面ライダーエボルに。

エボルトは撤退するが、恐らく今までにない怒りを買ってしまったと思われるので来週から卑劣な逆襲が始まってしまうでしょう。



白いパンドラパネルとハザードトリガー

「葛城 忍」は戦兎への頼み事として「白いパンドラパネル」の存在と、そのパネルに「ハザードトリガー」を使う事を要求する。

 

黒に相反する白いパンドラパネルは、エボルトでさえ知らない最後のパネル。

このパネルの存在はまだ明らかになってはいませんが、恐らく最後の希望となるアイテムですよね。

でも、そのパネルに「ハザードトリガー」使うとはどういった事でしょうか?

 

ハザードトリガーは、これまでにたくさんの災いを生み出してしまった危険な暴走アイテム。

なぜそんな物を作り出してしまったのかいまだに分かってはいないのですが、今回の話で戦兎はジーニアスフルボトルにハザードトリガーを装着して変身!!

 

この状態でエボルトに必殺技を仕掛けた際に、その攻撃が変色したロストフルボトルに当たりボトルの色が元に戻ったのです!

ジーニアスフォームでもボトルそのものを中和できませんでしたが、ハザードトリガーを装着したことによって中和が可能になりました!!

 

ハザードトリガーは暴走用のアイテムではなく、忍がこの世界を救うために編み出したアイテムでした。

中和能力はもちろんですが、ハザードトリガーがどのような形で戦兎達の世界を救うのか。

凶器のアイテムから希望のアイテムになる瞬間が待ち遠しいです。

お父さん絶対信じないマン「葛城 巧」・・・でも気持ち分かるw

今回私が個人的に注目したのが、とにかくお父さんを悪者にしたい「葛城 巧」。

戦兎があれだけ信じているのに、いっこうに信じようとしない姿勢を見せます。

確かに自分が作ってきたライダーシステムが悪事に利用されていて、しかもそれに父親が携わっていたんですから信じたくないですよねw

 

そして、私としてもお父さんを信じれられない気持ちは痛いほど分かります。

だって、最近の仮面ライダーほんとにろくなやついないんだもん!!

 

我々が今日まで抱いてきた気持ちを代弁してくれているなと見ていて思ってしまいました。

でも戦兎の思い出の中には、息子の成長を心から喜ぶ父親の姿がはっきりと浮かんでいるので、忍が良い父親なのはまず間違いないでしょう。

いつか、巧にも分かって貰える日が来るよね。

終わりに(重要事項あり)

今回の第45話は、前回のチョケ祭りから一転して超感動物語となりました。

そして、番組終了後の提供画面で衝撃の事実が!!!

「劇場版仮面ライダービルド Be The Oneは第45話直後の物語です」

なにーーーー!!!誰もがアフターストーリーと思っていた映画が、話の間に起きていた出来事描いているだとー!!

 

これは流石に予想できませんでしたw

話の終盤には、映画の悪役になる3人が各都の知事として登場していました。

結局エボルトの同類ではなく、エボルトの掌の上で踊らされるんですね・・・。

じゃあ、前回みたいなネタバレ要素がないから絶対公開直後に見に行った方が良いじゃん!!!

 

そして次回の仮面ライダービルドは、なんとあの三羽ガラスが再登場しかずみんと激突!

そして、かずみんの腰にはビルドドライバー!?

しかも、ブリザードナックルで変身!?

そして戦兎から放たれる衝撃の言葉「お前の体は消滅する・・・。」

 

かずみんが退場するフラグが出てしまったー!!!

大好きすぎるキャラだから退場して欲しくなかったけど、ああカシラーってなる机上大使でした(泣)

ともかく来週のビルドも見逃せませんが、今週のビルドは絶対見逃してはならない話なので様々な方法を使ってでも見て欲しいです!!

「東映特撮ファンクラブ」なら最新話も過去作品も見れるので、私はおすすめするよ♪

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。