S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー レビュー! ボリュームが凄すぎる…!?

こんにちは、机上大使です。

 

今回はプレミアムバンダイから発売された…

S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーをレビュー!!

 

仮面ライダーゼロワンの中間パワーアップフォームの1つであり、人工知能「ゼア」と「アーク」の力を合わさることで登場したハイブリッドなゼロワン!

元々マッシブな仮面ライダーゼロワン シャイニングホッパーに無機質な装甲が追加されたことでゴツゴツで非常にボリューミーなスーツに!

劇中では胸のコアからシャインシステムを展開して、迅との最終決戦を一気に逆転したのも記憶に新しいです!

 

そんなシャイニングアサルトホッパーがシャイニングホッパーを差し置いてS.H.Figuartsとして登場!

S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー自体も相当クオリティが高かったですが、それがかなり肉厚になり装甲がめちゃくちゃついた今回の商品はどのような仕様になっているのでしょうか!?

早速レビューを開始しましょう!

S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーレビュー! 令和のライダー!新世代のアーツ!

2020年2月29日

概要

それではS.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーをパッケージから順に見ていきましょう!

■パッケージ

パッケージはこれまでのS.H.Figuarts仮面ライダーゼロワンシリーズ同様の白背景にフィギュアの写真。

ネオンイエローの文字が目立ちますが、アサルトカラーであるネイビーブルーのラインも入っていました。

■フィギュア本体

それではフィギュアとご対面!

すげえええええ!!

S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワンシリーズは本当に全部クオリティが高いですが、今回も凄まじかった…!

全体的なボリュームアップはもちろんですが、全身のバランスが完全に劇中通り!

見事な逆三角フォルムでございます!

・頭部

シャイニングホッパーの頭部にアサルトパーツが取り付けられています。

全く新しい頭部造形ですが、ライジングホッパーからのキリッとした目つきも健在。

ネイビーブルーの触覚には細かいモールドも施されています。

頭頂部にはゴールドのラインが入っています。

・胴体

仮面ライダーゼロワン シャイニングホッパーから変化した特徴的な胸部のスーツ造形。

こちらの造形が本当に素晴らしい!!

超個性的なフォルムを絶妙なバランスで完全再現、バッタレッグの名残もきちんと残しています。

前だけじゃなく後ろのフォルムにも一切の妥協がないので、後姿がイケメン過ぎますね…。

ライジングホッパーから採用されていたハニカム模様も健在です。

そして腹筋…キレてます!見事なシックスパック!!

そしてシャイニングアサルトホッパーといえばの中央のコアユニット!

人工衛星アークの形を模した無機質な造形を劇中通りの仕上がりに。

青のクリアパーツを採用したことで本物に限りなく近づけてくれました!

このクオリティなら後に到着する仮面ライダーバルカン アサルトウルフのコアのクオリティも安心ですね!

・腕

方は横にパーツが膨らみ無機質なパーツで機械的に。

前腕にはバルカン アサルトウルフ同様の銃口のようなパーツが。

差別化を図るために使わなかったのだろうけど、恐らくこっちも撃てはしたんだろうなw

・飛電ゼロワンドライバー/シャイニングアサルトホッパープログライズキー

飛電ゼロワンドライバーの仕上がりは、以前のゼロワン ライジングホッパー同様の高クオリティ。

真ん中にはシャイニングホッパーのデザインが映っています。

差し込まれているのは「シャイニングアサルトホッパー プログライズキー」

横に大きく増大したサイズ感で、飛電ゼロワンドライバーから大きくはみ出ております。

「アサルトグリップ」の造形やカラーリングの再現も完璧です。

キーは抜き差しが可能で、バッタの胴体まで再現されていました。

ホルダーには「ライジングホッパープログライズキー」が差し込まれていました。

・下半身

下半身は上半身のボリュームを魅せる為に細身な作りに。

前太もものパーツとネオンイエローのライン、びっしりハニカム模様で構成されています。

 

全体的に見ても完璧、各部分を見ると非常に細かいつくりで感激してしまう一品!

このまま立たせるだけで様になってしまう見事な仕上がりとなっていました!

■付属パーツ

お次に付属パーツを紹介します。

・手首交換パーツ

手首交換パーツは左右で3種類。

相手を指差す右手首交換パーツも付属しています。

・オーソライズバスター(アックスモード)

仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーがメインで使用するアイテム「オーソライズバスター」。

でかでかと描かれているバッタデザイン、鋭利で重厚な質感の刃、スキャニング部分やグリップ等々…

全てにおいて完成度が高い!

変形やパーツ換装を敢えて無しにし、アックスモードだけに専念した分の出来の良さですね!

実際に持たせたサイズ感も劇中同様ですね。


S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーとの比較

では次に、以前発売したS.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーとの比較をしていきましょう。

やっぱり上半身のボリュームが桁違いに上がりましたねw

スマートな社長のイメージだったライジングホッパーから一転して、戦う社長というイメージに変わったような気がします。

はたまたサイボーグ化したヒーローというイメージも感じます。

ライジングホッパーは中心にネオンイエローが集まっていますが、シャイニングアサルトホッパーではそれが全身に広がっているようなデザイン。

マスクの口部分は内側のシルバーが露出しているんですね。

肩の装飾がいきなり増えたことで肩幅も増大しております。

背中のデザインなんかもかなり変わっています。

背中にあるネオンイエローのアーマーが無くなってかなりスッキリとなっています。

これが後姿のスマートさを演出しているのかもしれません!

最期に下半身ですが、シャイニングアサルトホッパーのネオンイエローの主張が抑えめになっています。

上半身に比べスマートとはいえ、やはり下半身も若干ボリュームがアップしていました。

あ、真っ黒だったグローブも指先にネオンイエローが追加されていますね。

 

ライジングホッパーからのパワーアップフォームではありますが、さらなる強さを手に入れるための改造フォームというのが一番感じたイメージです。

そういった意味ではシャイニングアサルトホッパーは、アークらしい部分を絶妙に織り交ぜていて設定と非常にマッチした理想的なスーツ造形といえますね!

可動域

続いてS.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーのの可動域を見ていきましょう。

■頭部 可動域

頭部の可動はほぼ問題ありません。

横に向く際にアサルトパーツに顎が干渉しますが、自然な向きなのでポーズにも支障はないでしょう。

■腕 可動域

腕の可動も特に問題はありませんが、腕を横に広げすぎると肩パーツがポーンと飛んでいってしまうのでちょうどいい加減を探す必要があります。

■胴体 可動域

胴体の可動はこのような感じです。

前には倒れるのは不慣れのようですね。

■下半身 可動域

下半身も動かしにくいところなんかは無く扱いやすいです。

個人的に足首の関節が見えないようにしてあるのが魅力的なポイントです。

それでいてしっかり動いてくれるのでかなりポイント高いです!


S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー 撮影

お待たせしました!

S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーで色々なポーズを撮影していきましょう!

『ハイパージャンプ!オーバーライズ!』

『(警報音)Warning,warning. This is not a test!
ハイブリッドライズ!シャイニングアサルトホッパー!
“No chance of surviving this shot.”』

人類とヒューマギアの未来を守るため、ゼアとアークの力を手に誕生した…

仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー

『警告、警告…これはテストではない』

『この一撃から生き残る術などない』

攻撃的な英文からも、このフォームがこれまでのゼロワンとは決定的に違うことが分かりますね!

「お前を止められるのはただ1人…俺だ!」

それぞれの決めポーズも超絶様になりますね…控えめに言って最高なフィギュアでございます…

攻撃ポーズなんかもフィギュアのボリュームのお陰で迫力が出ます!

一見アンバランスな見た目ですが、しっかり片足立ちで安定します。

『オーソライズバスター!アックスライズ!』

続いてメインウェポンであるオーゾライズバスター(アックスモード)でアクション!

第15話「ソレゾレの終わり」のラストシーンの飛び掛かりシーンを再現!

大きく振り下ろしたり、一気に薙ぎ払ったりといったワイルドなアクションの数々を再現できます!

さらに劇中ではなかったアタッシュカリバーとの2つ持ちなんかもS.H.Figuartsでは実現できる!

アタッシュカリバー自体がゼロワンカラーなので合わないわけないんですよね!

アタッシュカリバーを逆手持ちにしてみてもいいですね!

こちらの方がスマートな感じがするかも?

 

さて最後にですが、仮面ライダーゼロワンシャイニングアサルトホッパーにおける印象的なシーンはやっぱり…

仮面ライダー迅 フライングファルコンとの最終決戦

2人のやり取り含めてあのシーンは大好きでずっと再現したいと思っていました。

役者は揃った!!

S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー

S.H.Figuarts仮面ライダー迅 フライングファルコン

この2つを使ってあの激闘を再現したいと思います!

最後の戦いの直前にて新たな力を手に入れたゼロワンによる猛攻で迅に迫る。

しかし迅だってやられてばかりではない。

自分を庇って亡き者となった滅の仇を取るため…人類からヒューマギアを開放するため迅は攻撃を止めない!

そうして一度はゼロワンを追い込むも…

「シャインシステム起動」

この掛け声で形勢は一気に逆転した。

ゼロワンから放たれた光輝く物体による怒涛の攻撃によって迅は満身創痍となったが…

「負けるか…僕は…僕たちは!人類を滅亡させるんだ!!」

迅はまるで人類滅亡に憑りつかれたかのように執念で立ち上がる…。

「どうして!?…人間が何をしたっていうんだ!?」

その答えは…

「そんなこと知らないよ!滅からずっとそうやって教えられてきたんだから!!」

当時リアタイで見ていた私は戦慄しました。

何の疑いもなくラーニングをするヒューマギアの純粋さを逆手に取った悪意のラーニング

少年兵を生み出す際に行う“当たり前”の刷り込みと同じ…人類を滅亡することが当たり前と教えられてしまった故の結果がこれなのだと思うと…胸が締め付けられる思いでした。

 

違う形で出会っていれば迅と…滅亡迅雷.netのメンバーとなんのわだかまりもなく生活を送れたかもしれない…。

そんな淡い絵空事と、向き合わなければならない現実…

そしてヒューマギアを生み出した飛電インテリジェンス代表取締役社長としての責任を背負い或人は決断する。

この戦いの終焉を…


  塵
隼   迅
  芥

『フライングユートピア!』

『シャイニングトームインパクト!』

決意のライダーキックのぶつかりあい…制したのは…

仮面ライダーゼロワン!

「人類は…必ず…滅亡する。滅亡迅雷.netの…意思…の…まま…に…」

そう言い残して迅は爆散。

滅亡迅雷.netを壊滅させ、人類滅亡の危機を救うことができたのでした。

 

…が、この後に或人には想像を絶する苦難が待っているのですが、それはまた別のお話で…。

S.H.Figuarts仮面ライダー迅 フライングファルコン レビュー! 安心高クオリティの人類滅亡フィギュア!

2020年10月6日

終わりに

今回はS.H.Figuarts仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーをレビューしました!

いやークオリティがめちゃめちゃ高くてついつい物語に浸ってしまいましたw

フィギュアのボリュームがとてつもないから撮影のし甲斐があります!

一枚撮るたびにニヤニヤが止まらないくらい撮影を楽しませて頂きました!

 

S.H.Figuarts仮面ライダーゼロワンシリーズは後に「TAMASHIINATION2020」開催記念商品としてシャイニングホッパーのS.H.Figuartsが到着します!

このままメタルクラスタも発売、ゼロツーも発売…果てはアークワンも…欲望が止まらない!w

でもとりあえず今後の発表があるまでは、シャイニングアサルトホッパーを思う存分堪能することにします!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。