S.H.Figuarts仮面ライダーバルキリー ラッシングチーター レビュー!可動の工夫が施されたチーターライダー!

こんにちは、机上大使です。

 

今回はプレミアムバンダイから発売された…

S.H.Figuarts仮面ライダーバルキリー ラッシングチーターをレビュー!

 

仮面ライダーゼロワンにて登場する初の序盤から登場する女性仮面ライダー!

実直に仕事を全うする「刃 唯阿」が「ラッシングチータープログライズキー」で変身し、その名の如く凄まじき速さでマギアを一網打尽にします。

またZAIAの技術顧問であることから様々な武器を使いこなせるのですが、そのZAIAとひと悶着あったりして結構肩身の狭い思いをしていました。

でも最後にはZAIAの社長「天津 垓」の非道な行いに激怒!

相棒の「不破 諌」の為に牙をむき、バルカンと共にサウザーをギッタンギタンにしたのが印象深いです!

 

バルキリーといえばバルカンと同様にアーマーが左右非対称の仮面ライダー。

さらにチーターの斑点を再現したような複雑なデザインをどのようにしてS.H.Figuartsに落とし込んだのかが注目ですね!

早速見ていきましょう!

概要

それではS.H.Figuarts仮面ライダーバルキリー ラッシングチーターを外箱から順に見ていきましょう!

■パッケージ

パッケージは白い箱にフィギュアの写真、バルキリーカラーであるオレンジの文字とデザインが描かれています。

■フィギュア本体

フィギュア本体は、女性らしいフォルムでありながら勇ましさを感じさせるスーツ造形をしっかり再現されております!

左右非対称の造形とカラーリングのバランス具合も良い感じ!

女性だからなのか、サイズ感が小さめに作られています。

・頭部

ネコ科のチーターを再現したマスク造形。

ネコミミが可愛らしいです。

・胴体

A.I.M.S初期ライダーの特徴である左右非対称のスーツ。

特にバルキリーはチーターを模したデザインなので右側に斑点模様がたくさんあるのですが、その再現具合が絶妙です。

・エイムズショットライザー&ラッシングチータープログライズキー

エイムズショットライザーはS.H.Figuarts仮面ライダーバルカン シューティングウルフと同様の物。

中には「ラッシングチータープログライズキー」があります。

エイムズショットライザーは取り外して使用可能。

プログライズキーも取り外すことが可能です。

先端部分のデザインのみ再現されています。

・下半身

下半身も左右非対称の造形とカラーリング。

右脚のオレンジメタリックカラーや出っ張っている造形、つま先の爪等が再現されていました。

足裏が肉球というチャームポイントも再現しています。

■付属パーツ

付属パーツは手首交換パーツのみの付属でした。


S.H.Figuarts仮面ライダーバルカンとのフィギュア比較

仮面ライダーバルキリーは、仮面ライダーバルカン同様エイムズショットライザーで変身する仮面ライダー。

なので以前発売した、S.H.Figuarts仮面ライダーバルカン シューティングウルフと違いを比較してみましょう!

サイズ感が小さめの仮面ライダーバルキリーですが、並べてみるとその差がはっきりとわかります。

右側の造形が違うのは勿論ですが、左側もよく見ると微妙にデザインが変わっておりました。

見た目こそそっくりですが、仮面ライダーバルキリーはそのサイズ差のためバルカンとの共通パーツはエイムズショットライザーのみ!

その他は全て新規造形のフィギュアとなっていました!

可動域

お次に可動域を見ていきます。

■頭部 可動域

頭部の可動域に問題点はなく、左右前後スムーズに動きます。

■腕 可動域

腕の可動域もこれといった支障はありませんでした。

意外に右腕の方が上がりました。

■胴体 可動域

胴体は前かがみにしすぎるとエイムズショットライザーが外れます。

まあ取り外して使用するのがほとんどなのでここも概ね問題ないでしょう。

■下半身 可動域

最後に下半身ですが、右脚の出っ張りが画像のようにパカパカと動かすことができる仕様になっていました。

この仕様によって右側の足も難なく動かすことができました。

腰から前後左右の動きも良好。

足首の可動だけが少し浅めなので、ポーズをする際に工夫がいりました。


S.H.Figuarts仮面ライダーバルキリー ラッシングチーター 撮影

お待たせしました!

S.H.Figuarts仮面ライダーバルキリー ラッシングチーターを使って様々なポーズを撮影しましょう。

『ラッシングチーター!Try to outrun this demon to get left in the dust.』

「人工知能特別法違反を確認。対象を破壊する」

勇ましいクールな女性仮面ライダー…仮面ライダーバルキリー爆誕!

バルキリーといえばやはり俊足!

目にもとまらぬ速さで敵の間合いに詰め寄る!

男性との対格差などもろともしない格闘スキルを有するバルキリー。

力強い攻撃をその細見から見事にくりだす!

そしてやっぱりエイムズショットライザーを持たせると一気に魅力が増し増し!

さっと構えるだけで様になるのはエイムズ仮面ライダーの特権といっていいでしょう。

片手もちからの撃ち抜きというのもいいものですね。

『ダッシュ!ラッシングブラスト!』

第3話で見せつけた必殺技―ラッシングブラストも再現してみましょう!

グッと構え…一気に走りこむ!

大勢のマギアの中心に向かって何弾ものエネルギー弾を撃ち込む!!

やがてエネルギーは膨大し…マギアを巻き込む大爆発を巻き起こす!

最後は爆発を背に決めポーズ!

当時は非常に痺れましたね!

唯阿はエイムズの技術顧問のため、様々なアタッシュウェポンを開発。

最初諫が使用に苦戦していた「アタッシュショットガン」も難なく使用していたシーンを見たときはさすがというしかありませんでしたねw

実際のところこんな風にだって使えたんじゃないかと勝手ながら妄想しておりましたw

 

さて最後に同じエイムズ仮面ライダーにして相棒の仮面ライダーバルカンと共に撮影していきましょう!

絶対的な安定感!

この2人が一緒に並んでいるだけで充分ディスプレイとして完成しています!

エイムズの「豪」「柔」をあらわしているようです。

諫を一方的にバカ扱いしそれに憤慨するのがお決まりの2人。

一見相性最悪と思いきや、いざ手を合わせると相性ばっちりなんですよね!

「仮面ライダー 令和 ザ・ファーストジェネレーション」ではバルカンが一瞬で屈みそこをバルキリーが飛び越え撃つという連係プレーが非常に記憶に残っています。

最後は2人でエネルギー弾を走りながら撃ちまくってアナザーゼロワンを撃破!

2人の共闘の中でも、この戦闘は特に好きでした!

終わりに

今回はS.H.Figuarts仮面ライダ―バルキリー ラッシングチーターをレビューしました!

初のメイン女性ライダーとして登場した勇ましいバルキリーを、造形・塗装共ばっちり再現。

可動域も確保できるような工夫が施され、遊び甲斐のあるフィギュアとなっていました!

特にバルカンと並ばせると現れる圧倒的な安定感は見事なもので、こればかりは2つとも購入してよかったと思えました。

 

バルキリーは結局ライトニングホーネットで強化が終わりましたが、今後やるかもしれないVシネが決定したら是非ともバルキリーをやってほしいですね。

そしてテレビシリーズでは叶わなかったバルキリーのさらなる強化フォームを期待したいです。

その暁には…フィギュア化を楽しみにしております!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日で会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。