仮面ライダービルドだい40話感想 ジーニアスフォームにリプログラミング能力が搭載!?

こんにちは、机上大使です。

 

今週放送された仮面ライダービルド第40話ご覧になりましたか?

今回の話は、本来最強フォームのジーニアスフォームがメインになるはずなのですが・・・、

 

ある意味情報量が多すぎる!!!ww

 

まあ今回の話はすごいですよw

話の最初から最後まで見逃せないポイントがてんこ盛りなので何から話せばいいのか迷いますが、重要なポイントを話していこうと思います!

ジーニアスフォームマジつええ、マジ最強

やはり今回の見所は、前回変身して終了した、サイコーなフォーム「ジーニアスフォーム」の実力ではないでしょうか?

 

その力は冒頭でいきなり発揮しました。

まず、仮面ライダーマッドローグの近距離による射撃を微動だにせず無効化していました。

実際は、動いてないと他人が錯覚するくらい超高速で弾を受け止めていました!!

そして超高速でマッドローグに近づき、ネビュラスチームガンを破壊!!

 

まさしく、「これは、マッドローグが弾丸を撃ち終わるまでの一瞬の出来事である」でした。

このネタ分かるかな?

 

さらに、必殺技をに連続で発動!!

前回仮面ライダーグレートクローズをこれでもかというくらいボコボコにしていたのに、今回はその分のツケを返されましたね。

万丈も「マジつええ、マジ最強・・・。」と語彙力のない一言を発するしかありませんでした。

 

話の後半ではエボルトの実験で「ロストスマッシュ」にされてしまった北都の首相「多治見 喜子」との戦いになります。

ほんと多治見首相お久しぶりですね、ずっと西都に囚われていたんでしょうか?

 

「ロストスマッシュ」は、北都三羽ガラスと同様に実験によって大量に注入された「ネビュラガス」の影響で、倒されてしまうと体が消滅するという相変わらずの鬼畜デメリットを持っています。

 

ところがジーニアスフォームには、体内のネビュラガス成分を中和し体の消滅を止めることが出来るんです!!

これによって多治見首相の体内のネビュラガス成分を中和して体の消滅を防ぐことができました。

 

東都、西都の首相がこの世を去っていった中で、唯一の生存者になりました。

 

これまで沢山の人々を不幸に陥れた科学が、人を救う、幸せにする科学になっていくのでしょうか?

 

かつての「葛城 巧」の感情が残っていて、ちょくちょく戦兎に語りかけていたりもするのでこの二人の掛け合いなんかも注目ポイントですね。

まさに、「俺がお前でお前が俺」ですね!!

ロストフルボトルと葛城 忍

今回のもう1つの大きなポイントが、「ロストフルボトル」の存在です。

このロストフルボトルは、これまでに「ナイトローグ」や「ブラッドスターク」、「北都三羽ガラス」が変身に使用していましたが、その存在は今まで明らかになってはいませんでした。

 

今回の話で、ロストフルボトルは「人間が作った人工のフルボトル」で、その作成者が「葛城 巧」の父親「葛城 忍」であることが判明。

さらに、亡くなっていたと言われていた「葛城 忍」は生きていることが判明!

 

まさかとは思いますが、本来一つしかなかったはずのエボルドライバーを作ったのは「葛城 忍」?

 

なぜ、ロストフルボトルを作ったのか?

そして、エボルトはロストフルボトルを集めて一体何をしようとしているのでしょうか?

 

残り少ない回でどのような展開が待っているのか、楽しみですね!!



氷室 元徳ぶっ壊れる!!

さあ、この回における最大の衝撃展開はこれにつきるでしょうww

 

氷室 元徳の個性大爆発のファッション!!

 

これまで北都の制服と西都の制服を身につけていて、私服を見ることはありませんでした。

しかし、第40話という最終回までのカウントダウンが始まる中での今回のキャラ崩壊要素は誰が予想したでしょうか?w

 

 

また、そのファッションはも~~ダサイ!!

 

馬鹿な万丈 龍我でさえも理解できるほどのダサさを演出しています。

しかも、本人に自覚一切無し!

それどころか、全ての服装がオーダーメイドというとんでもないこだわりw

 

思ったことを正直にいってしまうみーたんこと「石動 美空」が「放送事故レベルにダサイ!」と超暴言を吐いても、

「俺?俺か?・・・センス無いな。」

と自分のファッションに絶対の自信を持っているようですw

 

話の後半では、全身ピンクまみれの服装に透明のレインコート、「親しみやすさ」というパワーワードが印刷されたT-シャツにピンクのエクステをつけるといった衝撃ファッションを展開!!

 

もう、元さんの大暴走をだれも止めることはできないのでしょうか?w

 

是非とも、あの衝撃ファッションで他の人たちの前にも現れて欲しいですね!

 

次回からのファッションのレパートリーにも注目です!w

終わりに

今回は上記の3つのポイントを押さえましたが、それ以外にも注目ポイントがあります。

かずみんこと「猿渡 一海」が「内海 成彰」に捕まりネビュラガスを注入され、倒されると消滅してしまう体になってしまいました。

 

いっとき戦闘不能になりかけて退場フラグが立っていましたが、この場は気力でハザードレベルを上昇させ消滅を阻止しました。

 

ジーニアスによって成分を中和できるという言葉にも「せっかく強くなったから」といって中和を制止。

退場フラグが残ったままとなっています。

 

お願いだからかずみんはこのまま最終回まで生きててほしいです。

 

これからの、個性大爆発なキャラクター達の活躍に期待しましょう!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。