S.H.Figuartsアンク(人間態)レビュー! グラビア撮影や劇中シーンを再現できる欲望もりもりフィギュア!

こんにちは、机上大使です。

 

今回はプレミアムバンダイから発売された…

S.H.Figuartsアンク(人間態)をレビュー!

 

仮面ライダーオーズにおいて絶対に欠かせないキャラクター…アンク!

口悪く欲望に非常に忠実でなんだか信用ならない…なのに憎めないのマスコット的なキャラクターなのがアンクですよね!

劇中ではツッコミ役も担当したりと何かと活躍が目覚ましかったのを覚えています。

でも物語後半からの映司とのやり取りなんかは…思い出すだけで胸にくるものがあります。

 

アンクといえば、随分前にS.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクとして右前腕だけのアンクが発売されましたが、今回は人間態のアンク本体のフィギュアです!

アンクを熱演した「三浦 涼介」さんの顔やスタイルを忠実に再現したフィギュアということで、その再現度が気になるところです。

真骨彫のアンクと今回の人間態アンクは合体ができるというのは事前に知ってたので、発送されるのをとても楽しみにしていました。

合体遊びを早くしたいという思いをぐっと抑えて…レビューを開始しましょう!

created by Rinker
BANDAI
¥10,600 (2021/02/27 15:44:18時点 Amazon調べ-詳細)

■S.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクのレビュー記事はこちらから

S.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクレビュー! 右腕だけの感動的真骨彫!

2020年2月23日

概要

まずはパッケージから順に見ていきましょう。

■パッケージ

商品発表時はS.H.Figuarts(真骨彫製法)のサイトで発表されていたS.H.Figuartsアンク(人間態)でしたが、届いた箱は見知ったS.H.Figuarts(真骨彫製法)専用のパッケージではなく、上記のようなパッケージ

でもプレミアムバンダイで“S.H.Figuarts”と表記してましたから、正式にはS.H.Figuartsとして発売した商品なんですねw

それでもパッケージのデザインは限りなくS.H.Figuarts(真骨彫製法)のパッケージのようなデザインになっていました。

S.H.Figuarts(真骨彫製法)のパッケージと比べてみるとこのような感じ。

アンクのカラーに黒い部分が侵食されたようになっております。

■フィギュア本体

それではフィギュアとご対面!

劇中でよく見たアンクが目の前に!

右腕だけ素材が違うジャケットに派手な赤いパンツ、そしてパンクなヘアスタイル!

役者の「三浦 涼介」さんらしいボディラインの再現度も素晴らしい出来だと思います!

いやはや…最近の技術ってホント凄いなと感心するばかりですね…。

・頭部

役者の命ともいえる顔をフィギュアに落とし込むというのはとても難しいと思いますが、目元や唇の膨らみなんかが非常にリアルで人間味を感じさせます。

フェイスラインも三浦さんにかなり寄せていて、三浦さんの美顔をしっかり造形しておりました!

髪の毛の毛束間もやアシンメトリー加減も良いですね~。

・胴体

アンクの衣装として定着している黒革のジャケット。

つなぎ目、留め具やジッパーといった装飾を細かく再現しております。

右腕だけ袖が紅色になっているアンクならではのデザインを見ると、当時のデザイナーはよく考えたなと思うばかりですね。

・下半身

下半身は真っ赤なパンツで派手な印象を与えてくれます。

仮面ライダーではないためいつもより細めに脚を作っているとはいえ…とってもスラっとしていて素敵!

足元は黒革靴ときっちりまとめているのがまたいい…。

めちゃくちゃかっこいいファッションですが…これはあんくにしか…三浦さんにしかできないファッションですね!w

■付属品

お次に付属パーツを紹介します。

・手首 交換パーツ

手首交換パーツは左右で4種類。

人の手のような関節の皺や骨の凹凸加減がリアルに作られています。

・アイス持ち右手首 交換パーツ

アンクの大好物である「アイスキャンディー」を持った状態の手首交換パーツ。

S.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクでは1本の付属でしたが、今回は贅沢にも3本いっぺんに所持w

欲望に忠実なのが目に見えていますw

・頭部交換パーツ(笑い・怒り)

S.H.Figuartsアンク(人間態)には、表情を変更できるパーツが2つ付属しています。

薄ら笑みを浮かべている表情とあからさまな怒りを表している表情の2つのパーツで、頭部全体ではなく顔だけを取り換える形になっています。

顔のパーツは前髪で固定されている為、前髪を外してから顔パーツを外します。

後は違うパーツをはめて前髪で固定すれば…

何か企んでいるようなアンクの表情だったり…

納得いかない出来事に憤慨している表情を簡単に再現することができます!

・オーメダルホルダー

アンクがメダルを保持するために使用しているオーメダルホルダーも付属しております。

水色のラインと細かなモールドでオーズドライバーを模したデザインを完成させています。

そして開閉が可能で、コアメダルを収納できるポケットが24個あります!

試しに今持っているS.H.Figuarts(真骨彫製法)オーズシリーズのコアメダルたちを収納してみました。

ぴったりはまっていて簡単には取れないようになっていました!

これはすべてのコアメダルを入れたら…圧巻の光景になるかもしれませんね!

ちなみに持たせるとこんな感じになります!


S.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクとの合体方法

それではずっとやりたかったS.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクとの合体をやってしまいましょう!

でもやり方はいたって簡単!

右前腕が外せるようになっているので、引き抜いて取り外します。

かなり固めなので腕が吹っ飛ばさないように気を付けましょうw

あとはこのジョイントにS.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクのジョイント穴に取り付ければ…

あっという間に私たちが良く見知ったアンクちゃんの完成!!

素晴らしい!!!

別パーツを取り付けた感が全くなく、最初からこうでしたかのようななじみ具合に感動が止まらん!

いかにこの状態が脳内に焼き付いているかが分かりますねw

ここまでのクオリティが実現できたことを考えると、アンクをS.H.Figuarts(真骨彫製法)にいたのは正解だったと私は思いますね!

やっとこれが実現できて…私は感無量ですよ…

可動域

お次にS.H.Figuartsアンク(人間態)の可動域を見ていきましょう。

■頭部 可動域

今回のS.H.Figuartsアンク(人間態)は首が完全に固定されているので、頭だけが動くようになっています。

そのためどうしても頭部の可動域が仮面ライダーのフィギュアより制限がついてしまいます。

また動かし過ぎると顔パーツを固定する前髪パーツが外れてきてしまったりと、動かし方に多少工夫が必要になります。

でもこればかりはフィギュアの個体差かもしれませんね。

■腕 可動域

腕の可動域については画像のように余分なパーツがないので比較的自由に動かすことができます。

ジャケットの肩回りに切れ目が入っていて、動かしやすいようにもやっています。

後のジョイントもわずかに動かせるようになっていて、ちょっとS.H.Figuarts(真骨彫製法)オーズシリーズに寄せているなと感じました。

■胴体 可動域

胴体の可動域も特に問題ありません。

ジャケットが軟質パーツなので、体を反らすときも支障をきたしません。

■下半身 可動域

最期に可動域ですが、こちらも特に動かしにくいという部分はありませんでした。

ひざ関節だけちょっと曲げ具合が浅いですが、人間なのでそこまで気にする点ではないと思います。


S.H.Figuartsアンク(人間態) 撮影

それではS.H.Figuartsアンク(人間態)を使って色々撮影していきましょう!

まずは人間態という特徴を活かして、グラビア撮影っぽくやってみましょう。

まずはシンプルに巣立ち。

モデルの三浦さんがめちゃくちゃ美形だから、ただ立たせるだけでも様になる。

「あーいいねー!」

モデルっぽくポーズをとらせると一気にかっこよさが溢れ出す!

すました顔の使い道が正直浮かばなかったのですが、こういったグラビアっぽい撮影でばっちりかっこよくできました!

お次は恵美の表情を変えてアイスキャンディーに惚けているアンク。

大好物をのフォルムを堪能しております。

S.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクについているアイスキャンディも持たせて欲張りクォーター状態!w

大好物がこんなにたくさんあってとっても幸せそうですねw

「ちっ!メダルが少ねえ…!」

セルメダルの数が少ないと露骨に期限が悪くなるアンクちゃんw

前半とかは結構この顔しかしてませんでしたね。

 

では次にS.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクを合体させたアンクで撮影していきましょう!

やっぱりいい!アンクといえばこれですよこれ!

S.H.Figuarts(真骨彫製法)アンク自体も手首の可動が優秀で、それとアンク(人間態)のクオリティと交わって一気に華が咲きます。

ふんぞり返って見下しているかのような高慢さが滲み出るポーズ!

最先端機器であるスマホを駆使してヤミーの情報収集する模様を再現!

面白いくらい再現できますw

アンク自身も戦ってたりすることもあったのでその模様を再現!

荒々しい蹴りポーズもできたりしちゃって!

この蹴りポーズ…結構気に入ってますw

 

さあ…いよいよ…もう1つやりたかったこと…

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーオーズとのコラボレーション!

一連の流れを再現していきたいと思います!

「おい!映司!!」

「キーン」とメダルの金属音がなり、コアメダルは映司のもとへ!

オーズドライバーにメダルを装填し、オースキャナーから「キン!キン!キン!」とメダルをスキャン!

タカ!トラ!バッタ!

!』

仮面ライダーオーズに変身!

アンクがメダルを投げ、映司が受け取って変身という一連の流れ。

この安心と信頼の変身パターンはオーズならではですよね!

「てめえ!なんでヤミーを逃がした!!」

こういった喧嘩なんかもあったりしてまさに凸凹コンビって感じでしたね。

でも後半に差し掛かって2人の奇妙な絆が形となって表れてきてました。

「お前は欲しがり過ぎなんだよ!!命が欲しいなら、人の命を大切にしろ!!」

「知るか!お前もなんか欲しがってみろ!そうすりゃわかる!お前…なんか欲しいって思ってことあんのか!?あんのか映司!!」

グリード化してでもコアメダルを破壊したい映司。

自らをただの道具と知り、そこから「命」という究極の欲望を求めるアンクとの激闘。

しかし最後は映司を真木から救ってしまったためにコアメダルを奪われ、自身の意思が宿っているタカコアメダルに亀裂が入ってしまう。

 

でも最後は映司とともに真木こと恐竜グリードを共に撃破…それと同時にタカコアメダルは割れ、アンクは消滅してしまいました。

この模様は後にレビューする「S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ」で行いたいと思います!

・追記(令和2年9月9日)

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーオーズ タジャドルコンボレビューしました!

S.H.Figuartsアンク(人間態)とのコラボもありますので是非ご覧ください!

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ レビュー! 真紅のコンボがここに…!

2020年9月9日

 

時が経ち…2018年「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」!

財団X によって生み出された鳥系ダミーグリードに襲われ絶体絶命となったとき、持っていた割れたタカコアメダルが反応し…

アンクは蘇る!

「映司、相変わらずボロボロだな」

2人は奇跡の再開を果たし、共にグリードたちと激闘を繰り広げる!

「ちゃんと今日の分のアイスよこせ!」

あのシーンにはどれだけの人が感動したことでしょう…!

終わりに

今回はS.H.Figuartsアンク(人間態)をレビューしました!

顔や表情だけでなくファッションといった細かいところも忠実に再現し、まるでグラビア撮影をしているような感覚を楽しませていただきました!

そしてS.H.Figuarts(真骨彫製法)アンクとの合体によって我々が良く知っているアンクとの対面できたことがたまらなく嬉しい。

オーズこと映司との再会という欲望も叶えることができて非常に満足でした!

次は…最高のコンボと組み合わせたいな…

欲望は止まりませんねw

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日で会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。