S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号レビュー!

こんにちは、机上大使です。

 

さあ今回は、S.H.Figuartsにおいて劇中スーツを忠実に再現した“真骨彫製法”のフィギュアを紹介します。

きっと誰もが一度は見たことがある仮面ライダーです。

「ライダー変身!!」

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号です!

言わずと知れた、仮面ライダーシリーズの大先輩である仮面ライダー新1号が真骨彫製法でS.H.Figuarts化しました!

 

正確には、ひとつ前の「旧一号」が本当の始まりの仮面ライダーなのですが、最も浸透している仮面ライダー1号はこちらの新1号だと思います。

仮面ライダー旧1号はマスクの下に髪の毛が出ていたり、マスクの色が暗めの緑だったり、手袋やブーツの色が緑だったりしてたので、新1号からのカラーリングの変更は結構変わった部分が多いです。

 

設定としては諸説あるのですが、自らを改造人間にしたショッカーにわざと捕まって再び改造手術を受けた後に脱走したというのが一番濃厚な説だそうです。

他には、特訓して力が覚醒したというのもあります。

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号の内容物

では、S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号を紹介しましょう。

 

こちらのS.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号は一般販売で定価は6480円です。

Amazonではこのくらいのお値段で販売されてます。

ちょっと高いですねw

でも、スーツをまんま小さくしたようなクオリティなので手に取って損はない商品ですよ。

 

まずは、外箱。

やはり真骨彫の外箱はシンプルながらも高級感があります。

横には銀色の文字で「MASKED RIDER 1」と書いてあります。

では、次にパーツを紹介します。

手首パーツは左右で4種類のパーツがあります。

変身するときのポーズを再現するときの平手や無難なポーズをとるときの開き手パーツや仮面ライダー新1号の愛用機「サイクロン号」に乗る時用の手首パーツも入っています。

 

マントは風になびいているタイプと、なびいていないタイプの2種類で、根本の部分に小さな穴が開いており、そこを本体首にある凸部分に差し込む形です。

そして、写真左上のパーツは仮面ライダー新1号の触覚パーツの予備です。

では、本体を紹介しましょう!

全体的に平成仮面ライダーとは違う雰囲気を醸し出していて、まさに昭和仮面ライダーと言うべき造形美。

ボディの色や、頭部パーツの緑の出し方とかが劇中映像のスーツそのものです。

 

各部分にも注目してみましょう。

まず、腰のベルトパーツです。

仮面ライダー1号は、風邪によってベルト内の風車が回転することで変身することができるのですが、今にも回り出すのではないかと思ってしまうくらいしっかりと造形されています。

イラストではなく、ベルトの内側にちゃんと作ってあるところもすごいですね。

続いてはボディです。

この色と絶妙な艶の出し方、最高です!

胸部パーツは結構でかいのですが、腕パーツとの干渉の対策として内側にボールジョイントが入っています。

内側から胸部パーツが動くので、干渉対策もばっちりです。

余談ですが、真骨彫製法があまりにも出来映えが良いために横にすると、改造人間にしている最中みたいになってしまいましたw

さらに、さすが真骨彫製法だなと感心したのはこの部分。

関節が隠れるように造形されています!!

今のご時世、仮面ライダーの肩には必ずと言っていいくらいパーツがついているのですが、仮面ライダー新1号にはそのようなパーツはありません。

そのため関節パーツが浮き彫りになってしまわないようにこのように関節隠しを施しています。

この関節隠しは肩だけでなく、

膝部分や、

腰にも施されており、綺麗なシルエットを余すところ無く再現しています。

スーツの皺なんかも忠実に再現しているのでこれぞスーツと真骨彫製法のS.H.Figuartsを見ると毎回言っていしまいますw

最後に頭部の仮面です。

仮面ライダー1号はバッタをモチーフにした改造人間なのですが、バッタらしさが全面に出ています。

複眼の作りも平成仮面ライダーとは違って、ギラギラしすぎず虫の目って感じです。

 

首のマフラーは、写真のように先端に出っ張っている透明な部分があるので、

ここにパーツをはめ込んで、

マフラーが完成します。

また、首に巻いてある赤い部分365度は回転することができます。

ポーズに合わせてマフラーの位置を動かせるのはかなりありがたいですね。

 

後ろ姿も見てみましょう。

ベルトの金具部分や、バッタの羽なんかもしっかり再現しています。

かなり細かいのですが、ブーツのチャックなんかも再現してました。

 

では、稼動面も見てみましょう。

足は、前後ろでこれくらい広がり、つま先も動きます。

横には170度くらい開けます。

膝から曲げるとここまで曲がります。

ライダーキックをするときとかにも何の干渉もありません。

 

腕は、肘から曲げるとこれくらい曲がって、二の腕と肩の付け根が回転します。

各部分の動きはこれくらいです。

 

体の動きも見ていきましょう。

前屈みはここまでいって、

後ろはここまで反らせます。

装飾パーツがかなり少ないので動きに障害があることはありませんね。

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号でアクションポーズ!

では、S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号で格好いいアクションポーズをとっていきましょう!!

「出たな、ショッカー!!」

って言っているかのような構えポーズ。

迫力のあるパンチポーズから、

片足立ちの前蹴りも、真骨彫製法のクオリティで簡単にかつ格好良くポーズができます!

チョップなんかも決まりますね~。

では、仮面ライダーといったらあの技をやりましょう。

高くジャンプして、

「ライダーキック!!」

出ました、ライダーキック!

風になびいているマントのお陰で臨場感を出せますし、真骨彫製法の造形美で特撮撮影している気分になってしまうくらいのクオリティです!

終わりに

今回はS.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号を紹介しました!

相変わらずS.H.Figuartsの真骨彫製法はクオリティがあまりにも高くて語彙力が無くなってしまうほどですよw

仮面ライダー新1号の昭和ならでわのデザインとスーツの細かな部分を再現していて、15cmのフィギュアでここまで表現できてしまうのかと今の時代の造形技術の素晴らしさを感じています。

ついつい、特撮の写真撮影をしている気分になってしましましたw

 

S.H.Figuarts(真骨彫製法)の昭和仮面ライダーシリーズは、もうすぐ「仮面ライダー新2号」が発売しますし、「仮面ライダーアマゾン」も完成間近ということで昭和シリーズもどんどん動いています。

さらに、S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号のサイズに合わせた「サイクロン号」も商品化するので楽しみが増えていくばかりです♪

仮面ライダー新1号はamazonでもまだ割と安価で売られていると思うので、このクオリティを手にしたい方は是非購入してみてください。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

またいつかの明日に会いましょう。

 

■他昭和仮面ライダーのS.H.Figuartsのレビュー

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新2号 レビュー! 力の2号参上!

2018年5月23日

S.H.Figuartsショッカー戦闘員(骨)レビュー! やられの美学の結晶!

2018年4月23日

■S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーのレビュー

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーアクセルレビュー! さあ…振り切るぜ!!

2018年5月10日

S.H.Figuarts (真骨彫製法)仮面ライダーダブル サイクロンジョーカー レビュー!

2018年3月20日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。