仮面ライダーセイバー 第4章まで見た感想を書かせてくれ!

こんにちは、机上大使です。

 

仮面ライダーセイバーが第4章まで放送されました。

物語におけるプロローグ的な構成になっおり、各話ごとに新たなライダーや新たなフォームが登場しておりました。

 

ざっと第1章~第4章まで見ていった感想ですが…

大変に面白い!!!

世界観や物語の構成やキャラクターが自分的に非常にピッタリで、見やすい上にワクワクが止まりませんでした!

今回はそんな大変面白い仮面ライダーセイバーを第4章までを見て感じたことをつらつらと書いていきたいと思います!

■仮面ライダーセイバー第1章 感想記事

仮面ライダーセイバー第1章 感想記事! 主人公がいいやつだし、浅井さんの剣劇がたまらない!

2020年9月11日

みんな主人公に優しい

登場するキャラクター達が主人公に優しい!!(勿論味方がね)

仮面ライダーセイバーを第4章まで見ていって何より感動したのがこれです!

ほんとに周りのキャラクターが飛羽真をチクチクしてこないんですよ!

 

今までの仮面ライダーって1号ライダーと他のライダーとの仲が良くないのがセオリーみたいな感じだったんです。

私の好きなエグゼイドだって最初は永夢と他のドクターライダー達全然仲良くなかったし、ファイズに至っては2号ライダーカイザに変身する草加が陰湿過ぎるし、橘さんは見てるだけで何もしないし…ナズェミデルンディス!

最後のは別として…それぞれの価値観や正義を持っていたり、ほんとにどうしようもないような理由だったりと様々ですが、とにかく仲が悪いのがほとんど。

 

でもセイバーにはそんなギスギス感がないんですよね~

2号ライダー仮面ライダーブレイズに変身する倫太郎は、先輩風を吹かせたがるけど基本的に飛羽真の事を認めていて褒めるところは先輩としてとことん褒めるんです。

「ああ…(2冊で変身)できちゃうんですねぇ…」

「何ですか!?その使い方!?」

「凄い!最高です!!」

こんな風に飛羽真の事を褒めちぎり、第4章にて3冊で変身を終えてヘトヘトになった飛羽真に…

「全く無茶をして…」

と言いながら肩を貸したりしてくれます。

 

こんな2号ライダーを私は見たことがありません

こんなしょっぱなから優しく真正面から向き合ってくれるだけで、従来のセオリーであるギスギス感なく非常に見やすいんですよね!

 

唯一第3章では仮面ライダーバスターこと「尾上 亮」が飛羽真に対して否定的な態度をとっていましたが、第4章でその人間性を触れるたことで飛羽真を理解し協力的になってくれました。

また仮面ライダーエスパーダーに変身する「富加宮 賢人」は飛羽真の幼馴染なので彼の事を全面的に肯定。

尾上の飛羽真に対する誤解を解いてくれた人物でもありました。

 

といった感じで、周りの人たちは未だかつて無いくらい飛羽真の受け入れが早いんです!

この中から飛羽真に意地悪しようとする奴なんて洗脳とかされない限りでないでしょうw

こんな序盤で周りから受け入れられているなんて…なんて恵まれているんだろう飛羽真

 

もっと言うと、皆が飛羽真を肯定するから変な誤解もなく物語がすいすい進んでいくというのも利点な気がします。

全員が協力的で事がスムーズに運んでいきますから、物語がシンプルになって子供もドラマパートを見やすくなっているような気がしますね!

まさに子供のための番組というのを原点回帰したような気がします。

 

とはいえ仮面ライダーセイバーではこれからもドバドバと新たなキャラクターが登場しますから、その中では必ず飛羽真に悪い感情を抱くやつが必ず現れるでしょう。

なんせ仮面ライダー総数10体以上と制作発表で言っていましたからね

中でも仮面ライダー剣斬に変身する「緋道 蓮」というキャラクターは“飛羽真をライバル視”しているそうですから、その態度がどれだけ露骨に現れるかが注目ですね!

いや勿論仲がいいのが一番なんですけどねw



3冊変身のかっこよさとこれからの可能性

仮面ライダーセイバーはワンダーライドブックを聖剣ソードライバーに装填することで変身できます。

そのスロットは全部で3つあり、スロットに任意のワンダーライドブックを追加で装填することでさらなる力を加えることができるんですね。

 

そして第4章にて遂にセイバーが3冊装填して変身したのですが…

とんでもなくかっこよかった!!

 

赤のブレイブドラゴン

黄のニードルヘッジホッグ

青のピーターファンタジスタ

で抜刀!!

烈火抜刀!三冊の本を重なりし時、聖なる剣に力がみなぎる!

ワンダーライダー!

ドラゴン!ヘッジホッグ!ピーターファン!三属性の力を宿した、強靭な剣がここに降臨!

大塚さんの読みが炸裂!

めっちゃ変身音が長い!w

でもかっこいいからいいや!!

 

それぞれバラバラな色合いの本で変身したのですが、悪目立ちする箇所が1か所もなくむしろいい感じに纏められていました!

中間パワーアップフォームなんじゃないかと思ってしまうくらいのスーツの完成度に思わずテレビの前で大興奮してしまいましたw

 

しかも面白いのは、この3冊変身は本の組み合わせによってさらなる強さを見せつけるんだそうです

ワンダーライドブックは全てがバラバラの色なのではなく、一部同じような色合いの本が存在するよう。

第3章ではブレイズに変身するために使う「ライオン戦記」と同系統の色の本「ピーターファンタジスタ」との相性がいいということが分かっています。

実際この2冊で変身した「仮面ライダーブレイズ ライオンファンタジスタ」は同じ色合いで統一され1つのスーツとして完全に完成されていました!

『流水抜刀!輝くライオンファンタジスタ!

流水二冊!ガオー!キラキラ!幻想の爪が今、蒼き剣士のその身に宿る!』

変身音も専用サウンドが流れ特別感があります!

 

2冊だけ同じ色の本があるのでは中途半端ですから、この感じだともう1冊同じ色の本があって計3冊の同色ワンダーライドブックがあるのはほぼ確実。

…てことは?

3冊同じ色で変身したら超かっこいいライダーになっちゃいますね間違いなく!!

 

物語では既に黄色のワンダーライドブックと赤のワンダーライドブックも2冊登場しているので、赤・青・黄共に2冊ずつ存在が明らかになっています。

近々3冊目が登場し、セイバー、ブレイズ、エスパーダの統一カラーフォームがお披露目されることでしょう。

この3人が3冊変身を同時に行った暁にはかっこよすぎて変な声が出るんだろうなぁ…


ベルト以外で変身する仮面ライダー達

上記で紹介したのは聖剣ソードライバーで変身する3人の仮面ライダーですが、今回の仮面ライダーセイバーではベルト以外で変身する仮面ライダーも登場しています!

その最初のライダーとして登場したのが

仮面ライダーバスター 玄武神話

「土豪剣激土」という特大な剣に「玄武神話ワンダーライドブック」を装填し変身します!

 

ベルトを使わない変身を用いる仮面ライダーといえば、ゴーストのネクロムやエグゼイドのパラドクスレベル50を思い出しますが、“変身兼戦闘アイテム”として登場するのはかなり久しいのではないでしょうか?

私が知っている限りですと…カブトに登場する「ザビー」や「ドレイク」や「サソード」ぶりなのではないでしょうか?

少なくとも平成2期の時期にはこういった形の変身アイテムはありませんでしたからね。

だからなのかこの変身が非常に新鮮でした!

 

今後登場する仮面ライダー剣斬も武器による変身らしいので、今後はベルト以外で変身する仮面ライダーが増えていくのではないでしょうか?

劇中では変身サウンドは同じでも別のワンダーライドブックを装填して2冊変身もしていたので、スーツが1つだけで変化がないということもなさそう。

今後ももしかしたら武器変身ライダーが出るかもしれない…今度はどんな剣で変身してくれるのかと考えるだけでワクワクしませんか!?

終わりに

今回は仮面ライダーセイバーを第4章まで見て感じたことを思いのままに書かせていただきました!

人間関係が良好だから物語がスムーズに進み、ストレスフリーで見ることができるのはやはり大きいですね~。

価値観の違いや行き違い故の激しいぶつかり合いというのも乙ですが、せっかくなら仲が良いのが一番!

まだまだ序章なのでこれからこの人間関係がどのようになっていくかはわかりませんが…

少なくとも飛羽真と倫太郎の関係性は変わってほしくないですね!w

噛み合わないけど高めあえる存在であってほしいです!

 

次回からもエスパーダや剣斬といった新たな仮面ライダーが登場していきますが、物語はセイバーの謎でもある15年前の出来事に踏み入っていきそうです。

15年前に何が起こったのかも気になるところですが、何より気になるのが飛羽真のポリシーの起源

約束を何よりも大切にしている飛羽真ですが、なぜそこまで約束にこだわるのかは自分でもよく分かっていないそうです。

しかし飛羽真の幼馴染である賢人は、飛羽真の約束へのこだわりは相当な理由がある感じの発言をしていました。

今後は飛羽真の忘れ去られた過去を少しづつ紐解いていく展開も期待していきたいです。

 

そして次回から本格的に仮面ライダーカリバーが活動を開始!

つまりはスーツアクターの富永さんのアクションや芝居が拝めるということなんですね!

もうそれだけで期待が高まって仕方ない!

 

…ん?でも待って?

そういえば…確か仮面ライダーバスターのスーツアクターって…「岡本 次郎」さんだったよね?

……

ちょっと待って!?!?!?!?

いつかの章で富永さんと次郎さんが戦うかもしれないってこと!?!?!?

クウガとBLACK(BLACK RX)のぶつかり合いが見れるかもしれないってこと!?!?!?

…やっべえぞこれは…とんでもないことだぞこれは…

見たい!早くその奇跡のような瞬間を拝みたい!!

ワクワクがもうすでに有頂天ですw

仮面ライダーセイバー…ワクワクさせてくれるじゃんか!

次回からの展開もしっかり追っていくぞ!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。