S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダースカル レビュー! ハードボイルドの真髄を知りたくないか?

こんにちは、机上大使です。

 

仮面ライダーダブルはハードボイルドに憧れる主人公が物語を進めていきます。

そして、その主人公「左 翔太郎」が目標としていたハードボイルドの真髄たる人物「鳴海 荘吉」。

 

今回は、その鳴海 荘吉が変身する究極のハードボイルド仮面ライダー紹介します。

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダースカル!

映画でのみ登場した仮面ライダーでしたが、その格好良さと帽子を被る仮面ライダーとして注目されました!

変身者の鳴海 荘吉を担当したのが大人気のロック歌手「吉川 晃司」さんであることも話題を呼びました。

 

その仮面ライダースカルがS.H.Figuarts(真骨彫製法)で登場!!

あなたは、ハードボイルドの真髄を知りたくないか?

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダースカル 内容物

では、S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダースカルのレビューを始めましょう。

この商品は、プレミアムバンダイでの販売ではなく一般販売の商品となっています。

仮面ライダーダブルシリーズの真骨彫は、意外と一般販売がおおいんですよね。

 

今までの真骨彫と同様な特別感のある外箱。

側面には英語表記で「仮面ライダースカル」と銀色で記載されてます。

箱自体には、ライダー特有のカラーリングが施されているわけではありませんが、シンプルだからこその豪華な物って感じ。

 

では、フィギュア本体から見ていきましょう!

●仮面ライダースカルフィギュア本体

こちらが仮面ライダースカル本体

有彩色がロストドライバーの赤色位で、殆ど黒とシルバーのカラーリングです。

ダブルドライバーや、ロストドライバーで変身する仮面ライダーはどれもかなりシンプルな見た目なんですよね。

 

バストアップで上半身を見ていきましょう。

スカルという名にふさわしい骸骨をモチーフにした頭部パーツ。

ダブルのような角はなく、頭頂から額のOシグナル(赤い部分)にむかってスカルの「S」というシルエットが刻み込まれています。

眼の黒みが骸骨の空洞っぽく、ボディの肋骨のようなシルバーラインが仮面ライダースカル独特の格好良さを演出しています。

 

変身アイテムロストドライバーは、既に真骨彫のダブルでお墨付きと言わんばかりの出来栄えなので安心のクオリティです。

もちろん、メモリ挿し込み部分は稼動しますし、右腰にはマキシマムスロットも付いてます。

後ろ姿は巣立ちの時点で超格好いいんですが、マフラーの右側に穴が空いてます。

これは後ほど紹介する付属パーツを取り付ける部分になっています。

●仮面ライダースカル付属パーツ

では付属パーツも見ていきましょう。

まずは、パーツの全てを一度見てもらいましょうか。

何と付属パーツはこんなにも沢山のパーツが入っていました!

これ、プレミアムバンダイ商品じゃないんだと購入当時は思いましたねW

 

真骨彫の仮面ライダーダブルシリーズは手首パーツの種類が豊富で、今回も左右で5種類の手首パーツが揃っております。

 

では、他も見ていこう。

何より、重要な変身アイテム「スカルメモリ」

接続部分の銀塗装、「S」のシルエットが骸骨風にアレンジされている部分も細かく仕上がってます。

イラストの位置も完璧で、ドライバーに挿すと窓からちゃんといらすとが見えます。

マキシマムスロットもイラストがジャストで見えるようになってます。

※S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーダブルシリーズのガイアメモリは、ドライバーなどに入れても固定されないため過度に傾けるとすぐに取れます。また、パーツが非常に小さいため紛失の危険があります

 

次は、仮面ライダースカルにとって最も重要なアイテム

ハードボイルドの象徴「帽子」!

しかも、「仮面ライダーW ビギンズナイト」や仮面ライダーダブルのプロローグで被っていた傷付きの帽子と、「仮面ライダースカル メッセージforダブル」で被っていた傷無しの帽子の2種類入っていました。

 

試しに被せてみると

あ~ハードボイルドー!!

丸みのある頭部パーツに帽子がしっかりはまり、スカルらしいシルエットが完成!

左部分にリボンが施されてるのがまた良い。

傷無しの帽子に変えることでこれから戦いが始まる感を醸し出すことができます!

 

次は、マフラーパーツ。

マフラーパーツは纏まってるのと広がってるのとの2種類があります。

マフラーパーツの根本にはジョイントパーツがあり、それをフィギュア本体の穴に差し込んでマフラーを取り付けます。

こちらが纏まってるマフラー。

ヴィンテージな質感がいいですね~。

こちらが広がってるマフラー。

ブワッと風でなびいてるような演出ができます。

2つのマフラーはボールジョイントのお陰で自由な方向に傾けることができます!

 

まだまだあります!

次は、スカルマグナム!

これは、仮面ライダーダブルが使ってた「トリガーマグナム」の色違い版ですが、赤い部分が違います。

トリガーマグナムは赤い部分が「W」の形になっているのですが、スカルマグナムは「S」になってるんです。

これは、後に届くS.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーダブル ルナトリガーが届いたら比較しましょう。

変形ギミックも搭載しており、メモリを装填することが可能です!

 

次は、もう一つのスカル「スカルクリスタル」の頭部パーツです。

不完全なスカルということで登場したスカルクリスタル。

額部分の「S」がなく、全体的に少し透けてる感じがします。

 

で、頭部パーツの方法がかなり特徴的なので紹介します。

スカルの頭部パーツは、このように半分に分解することができます。

デフォルトのスカルの頭部パーツを半分にして外すと頭部の内側はこんな風になっています。

後は、このジョイントに合わせて頭部パーツをはめ込めば、

簡単にクリスタルスカル状態にすることができます。

 

最後にこのパーツも紹介!

鳴海 荘吉がもっていた「アタッシュケース」とその中身「ダブルドライバー」です!

中はこのようにダブるドライバーとガイアメモリを入れることができるようになっています。

ここに、ダブルドライバーとS.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーダブル サイクロンジョーカーに付属していた「サイクロンメモリ」と「ジョーカーメモリ」を入れることが可能!

後は、ルナトリガーとヒートメタルが届くことでガイアメモリを揃えることができるようになります!

こんなアイテムも入れてくれるのは流石というしかありませんね。

 

やっと付属パーツ紹介終わった・・・w

次はアクションポーズだよ!!



仮面ライダースカル アクションポーズ

お待たせしました、アクションポーズを撮っていきましょう!

「俺は自分の罪を数えたぜ・・・さあ、お前の罪を数えろ!」

別角度バージョン。

吉川晃司さんばりの上段蹴り!

スラッとした構えでの射撃から

アクティブに動きながらの射撃。

スカルメモリを差し込んで「マキシマムドライブ」!

一挙一動がハードボイルドです!

「スカルマキシマムドライブ」でのジャンプ蹴り!

映画では骸骨の形をした思念体を作り出し、それを敵に向かって蹴り飛ばしてました。

帽子を取ったり、

座ったり、

佇んだりとか、いちいちハードボイルドになってしまいますw

「街が泣いている・・・。」

初変身のクリスタルスカル状態も撮ってみた。

実際は焦りを見せることなくこの状態でも敵と対等に戦ってました。

最後は同じロストドライバーを使用する仮面ライダージョーカーとツーショット!

「おやっさん、俺にも帽子被らせてくれよ。」

「変身したからって図に乗るなよ翔太郎。ハーフボイルドなお前に帽子はまだ早い。」

もし、鳴海 荘吉が生きていたらこんなやり取りもあったかも。

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダージョーカー レビュー!

2018年5月13日

また、しばらくたってからプレミアムバンダイで発送された「S.H.Figuartsスカルボイルダー」に乗せました!

超絶格好いい、ハードボイルドな仮面ライダースカル・・・たまらん。

S.H.Figuartsスカルボイルダーレビュー! おやっさん専用の最高に渋いバイク!

2018年8月24日

終わりに

今回は、S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダースカルを紹介しました。

 

帽子を被って闘うという唯一の仮面ライダーですが、その格好良さは圧倒的!

帽子を取っても格好いいし、ただ立たせるだけで様になってしまうという反則級の仮面ライダーS.H.Figuartsですから格好いいのは分かってました。

 

そして動かすと、真骨彫製法のクオリティの高い作り込みのお陰で控えめに言って悶絶レベルの格好良さ!!

一挙一動にハードボイルドの真髄を感じずにはいられない商品でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。