S.H.Figuarts仮面ライダービルドラビットラビットフォームレビュー! これがギュインギュインのズドドドフィギュア!!

こんにちは、机上大使です。

 

今回はプレミアムバンダイから発売されたフィギュア…

S.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットラビットフォームをレビューします!

 

仮面ライダービルドのパワーアップフォームで、ハザードトリガーの危険性を制御しつつ力を最大限に使えるようになったフォーム。

東都VS西都代表戦で初登場してからは戦兎も頻繁に使用することもあり、印象が強い人も多いのではないでしょうか?

 

そんなビルド ラビットラビットフォームがS.H.Figuartsとして登場!

「TAMASHIINATION2018」で参考出品されてから結構な時を経て登場したため相当な期待がかかっているこの商品。

造形のクオリティなどは購入者の期待の応えることができるのだろうか?

早速レビューを開始しましょう!

概要

それではS.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットラビットフォームを外箱から順に紹介していきます!

■外箱

外箱はこれまでのビルドシリーズ同様、理系チックなデザインが施されています。

ビルドラビットラビット同様の真っ赤な外箱で、上部にはラビットの「R」が2つあります。

■フィギュア本体

こちらがフィギュア本体!

ビルドラビットタンクハザードと同じパーツが使われいる部分と、新規で作られたラビットラビット用のパーツによって色のメリハリができています!

特徴的な後ろの造形も劇中通りと言っていいでしょう!

各部分も詳しく見てみましょう。

・頭部パーツ

ビルドラビタンハザードに覆いかぶさうことで完成するラビットラビットフォーム。

その通りに覆いかぶさっているように作られています。

複眼も淵にゴールドの装飾がプラスされ、両目ともラビットのピンク色の複眼造形になっています。

1つ言いたいことは、複眼の仕様がとにかく素晴らしい!

ハニカム模様もとても綺麗に見えており、アップでとるとフィギュアなのかと一瞬疑ってしまうこと間違いなし!w

・胴体&腕

真っ赤なラビットボディと真っ黒なハザードスーツのメリハリが出ています。

胸部のゴールドで施されたライダーズクレストのクオリティが素晴らしい!

肩パーツのバネ的なデザインは塗装で再現しています。

うさぎの耳をモチーフにした長ーいマフラーも良い質感。

前腕パーツにもバネデザイン!

先端がうさぎの足のようなデザインになっていたのは知りませんでした!w

・ビルドドライバー?

お次はハザードトリガーが取り付けられたビルドドライバー!

今まで通り安定したクオリティにハザードトリガーが取り付けられています。

フルフルラビットタンクボトルは黒いクリアパーツで作られており、金、銀、赤の塗装で忠実に再現されています。

 

…ところでみなさん…お分かりいただけただろうか?

画像左側にあるプレートに注目していただきたい…

あれれ!?

これエボルドライバーのプレートじゃない!?

実はこのS.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットラビットフォーム、1次受注の物に限りこの部分のパーツとなっているんです!w

S.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットタンクハザードのビルドドライバーと比較すれば、違うものが使われていることがお分かりいただけるでしょう。

…でもご安心ください!

今回この不良の件でバンダイは既に対応してくれていて、後日ちゃんとしたビルドドライバーが届きました!

すっごく大きな段ボールで届いたのですが、中には小さな箱だけが入っているというシュールな光景が広がっていましたw

中には正しいプレートに直されたビルドドライバー!

後はこれに折りたたまれたフルフルラビットタンクボトルをさしこめば…

ちゃんとしたビルドドライバーの完成!

やっぱりこっちのほうが凄くしっくりするね!

・下半身

下半身には片方しかなかったラビット側のバネデザインが両足に施され、ひざにも新規のパーツが施されていました。

足裏はS.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットタンクハザードと同様の足裏です。

■付属パーツ

・手 交換用パーツ

手の交換用パーツは5種類。

フレミング用の手とレバー用の手パーツは右だけとなっています。

・フルボトルバスター

今回のS.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットラビットフォームで初登場となったアイテム「フルボトルバスター」!

どでかい砲台とメカメカしいモールドがめちゃくちゃかっこいいですね。

刀身はクリアパーツを使用しています。

裏側はよりメカメカしさを感じるくらい細かい。

劇中通りにフルボトルを装填できるように穴が空いています。

これまで発売してきたS.H.Figuartsビルドシリーズに付属してきたフルボトルを装填可能です。

銃口からはボトルが出ない仕様になっています。

またグリップ部分を動かすこともでき、バスターブレードモードに変更することも可能です。

・フルフルラビットタンクフルボトル

さらにこの商品には、折りたたまれていないフルフルラビットタンクフルボトルも入っています。

フルボトルバスターに装填して『フルフルマッチブレイク』を再現可能です。

その他にもフィギュアに持たせるなどといった遊びもできそうですね!


ビルドフィギュアとの比較

初期ホームのビルドラビットタンクと、アーマー装着前のビルドラビットタンクハザードと比較をしてみましょう。

青と赤の2色で構成されていたラビットタンクと比較。

ただ色が1色になっただけでなく、ラビットタンク時の特徴的なバネパーツがいっぱいですね!

初期からの正統進化っぽさをちゃんと感じさせてくれます。

ラビットパーツ装着前のラビットタンクハザードとも比較。

こうやって見るとアンダースーツや一部スーツは同じものを使っていることがよくわかると思います。

色合いの事を考えると、ラビットタンクハザードが不気味なくらいの真っ黒さはスゴイデザインですよねw

S.H.Figuarts 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム レビュー!! フィギュアデビューにもってこいの逸品!

2018年3月3日

S.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットタンクハザードフォーム レビュー! この格好良さは危険を伴う!マジヤベーイ!

2018年11月10日

各パーツ可動域

次にS.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットラビットフォームの各パーツの可動域を見ていきましょう。

■頭部 可動域

上にはこれくらいで、

下にはこれくらい動きます。

襟部分が目立つライダーですが、特に干渉することなく横に動かせます。

■腕 可動域

腕は肩からぐるっと回転できます。

背中のパーツにも干渉しません。

肩パーツの造形の関係で横にはこれくらいしか広がりません。

上腕、肘、手首が稼働します。

・胴体 可動域

胴体は後ろにこれくらい反れて、

前にこれくらい倒せます。

■マフラー 可動域

背中部分のマフラーですが、これが結構優秀なんです。

背中部分がボールジョイントの為、比較的自由に動かすことができるんです。

いっぱいに広げるとこれくらい。

横にも動かすことができます。

更にはマフラーとボールジョイントの接続部分で回すこともできるので、他のパーツに干渉させないようにかっこよくすることができます。

■下半身

最後は下半身です。

横にはこれくらい広げることができ、

前後にはこれくらい広げることができます。

太もも、ひざ、足首、つま先が稼働します。

すねに大きなパーツがありますが、曲げ具合に違和感はありません。

ビルド ラビットラビットフォーム ポーズ

それでは、S.H.Figuartsラビットラビットフォームでいろんなポーズをとっていきましょう!

まずは変身シークエンスを再現!

『マックスハザードオン!』

『(フルフル音)ラビット!』

『ラビット&ラビット!ガタガゴットンズッタンズタン!…AreYouReady?』

「ビルドアップ!」

『オーバーフロウ!紅のスピーディジャンパー!ラビットラビット!ヤベーイ!ハエーイ!』

仮面ライダービルド ラビットラビットフォーム爆誕!

「あれが、ギュインギュインのズドドド…by御堂」

「勝利の法則は決まった!」

お馴染みのポーズ!

フレミングポーズ!

フィギュアのクオリティがかなり高いので劇中のライダーそのものです!

横にもボリュームがあり、ちょっと構えるだけで見応えがありますね。

パンチポーズも決まります!

『フルフルマッチブレイック!』

背中のマフラーがガッツリ可動してくれるため、ローグ戦での特徴的なライダーキックポーズを再現可能です!

後は足が伸びてくれれば完璧ですねw

お次はフルボトルバスターを使ってポーズをとってみます。

基本的な射撃ポーズから、

生物のフルボトルを4つ装填して…

『アルティメットマッチデース!』

「アルティメットマッチブレイク!」

こんな遊びもできてしまう!

バスターブレードモードに変形させ、フルフルラビットタンクボトルを装填!

『フルフルマッチブレイク!』

遊びの幅が無限大なフルボトルバスターです!

 

さて、ビルド ラビットラビットフォームは戦兎以外にも変身した人物がいましたね?

そう「葛城 巧」!

悪魔の科学者とやばれた彼の記憶が一時的に蘇ったことで、戦兎の体を使っていた時期がありました。

その時の変身も再現してみました!

戦兎とは異なり、その場にとどまって変身するというクールな変身。

からの…

「仮面ライダービルド…『創る』、『形成』するという意味のビルドだ。」

「以後、お見知りおきを。」

映画で初登場したビルドと同じセリフを呟いた葛城ビルドの登場!

彼もかなりのナルシストだったのは面白い点ですよねw

ちなみのこの人差し指の手パーツは、S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーダブル ファングジョーカーのジョーカー側を使用しました!

1枚目はちょっと手の大きさに違和感がありますが、2枚目は結構いい感じにできたと自負しております!

S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーダブル ファングジョーカー レビュー! シンプルな見た目の荒々しい完璧フィギュア

2018年5月5日

最後は、その他のビルドシリーズのフィギュアと一緒にポーズをとりましょう!

仮面ライダーローグと激戦はかなり熱かった!

互いの理想を掲げる戦いには胸が高鳴りました。

ラビットラビットの代表的なシーンとしては、私はこのシーンを激押ししたいですね!

青葉の命を奪ってしまった戦兎と、三羽ガラスを守ることができなかった一海2人のコンビネーションシーン!

罪を背負い戦い抜く覚悟を決めた戦兎。

「俺に任せろ」と言わんばかりの勇ましい笑顔を見せる一海。

三羽ガラスに背中を押された2人の異なる表情には涙が出てしまいましたね…。

パンドラタワーに乗り込む際の力任せなやり方にツッコミながらのトリプルライダーキックも再現w

「だからなんでも力任せに…ってもう!話してる途中でしょうがあああ!!」

ネタ要素込み込みなのになぜかかっこいいのがビルドですよね!w

最後は、最終章のOPで登場するライダー達のポーズをとらせながら4人大集合ポージング!

この4人…やはり心が躍りますね!!

そしてこの4人との激闘を繰り広げる、最低最悪の“アイツ”と戦わせたいです!

まあ現実では2度と戦ってほしくないですがw

■使用したフィギュアのレビューページ

S.H.Figuarts仮面ライダークローズレビュー! この出来栄えはどのフィギュアにも負ける気がしねえ!!

2018年6月24日

S.H.Figuarts仮面ライダークローズマグマ レビュー!! クオリティの高さに男心がほとばしる!アチャー!!!

2019年2月9日

S.H.Figuarts仮面ライダーグリスレビュー! 黄金に輝くドルヲタフィギュア見参!!

2018年9月3日

S.H.Figuarts仮面ライダーローグレビュー! ひび割れがメチャいかしてる!

2018年10月7日


終わりに

今回は、S.H.Figuarts仮面ライダービルド ラビットラビットフォームをレビューしました!

造形も色合いも真骨彫製法並みのクオリティ!

特に複眼の作りが好みで、ハニカム模様が非常に綺麗に見えていました。

他のフィギュアと一緒に飾れば劇中シーンを思い出して楽しくもあり感動に浸ったりもしてしまいますw

控えめに言って大満足のフィギュアでした!

 

2020年にはフォームチェンジライダーのビルドタンクタンクフォームも登場しますから、夢の2体並べも実現します。

更にはS.H.Figuarts仮面ライダーエボルも到着しますから、劇中通りの激戦を再現するのがとても楽しみですね!

S.H.Figuarts仮面ライダービルド タンクタンクフォームレビュー! ビルドがタンクになっちゃった!?

2020年4月30日

2年以上たっても人気が衰えない仮面ライダービルド!

ラインナップがどこまで増えていくのか…私は最後まで見守ります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またいつかの明日に会いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。